今朝
お客様からメッセージが届きました。

「家から駅まで歩いたけど、ふくらはぎが濡れなくて嬉しいです♪」

「足が濡れるのが大嫌いで、雨用の靴を履いていたのですが、今日はスニーカー履いています!」

「こんなどしゃ降りの雨の日
雅恵さんは、どんな靴を履いてるのですか?」

おはようございます。
アシタスタイル 井手口雅恵です。

image

今日は、off。
お出掛けの夕方までは
お家でのんびり過ごします。

「こんなどしゃ降りの雨の日
雅恵さんは、どんな靴を履いてるのですか?」

と、訊ねられて、考える。

はて??

雨の日の足元??

私、雨の日にどんな靴、選んでるっけ??

うーーーん…

困ったな…

なんと答えようか…

では、

正直に

本当のことを言いますね。

どしゃ降りにあったことがないから
分からない。

私が外へ出ると、雨が止むのです。

ですから
どしゃ降り仕様の靴や、雨靴を
持っていません。

ほとんど、傘をさすことがない。

小雨くらいならすぐに止むので
近頃は、傘を持つことすらもない。

ですから
私が雨の日に履く靴は、いつもと変わらないです。

Q.「こんなどしゃ降りの雨の日
雅恵さんは、どんな靴を履いてるのですか?」

A. いつもと同じです。(笑)

これでは質問の内容に対して
正確な答えになっていないので

雨の日に履く靴について。

革靴は、NGです。

濡れると革は伸びる。
途端にダメになりますから
革靴は雨に濡らさないでくださいね。

近頃、雨靴として売られている
いわゆる昔ながらのユルユルのゴム長靴じゃないもので
靴の形に近いレインブーツの
比較的サイズが合っているものであれば
ヒール高が3センチ位までなら
3Dインソールを入れても大丈夫です。(レインブーツの中に入っている
元々のインソールは取り出して
3Dインソールと交換装着してくださいね)

ペッタンこの雨靴の底のままだと
足が辛いですから
3Dインソールで骨を立ててあげると
少しは歩きやすくなります。

とは言え
レインブーツで、足にぴったりフィットする靴は、恐らく見つからないです。
使っている素材が
足へフィットする作りにすることができませんし

脱げそうになることは踏まえて
雨靴ではあまりたくさん歩かないことです。

フィットしていない靴での歩行は疲れます

アシタスタイル・メソッドに触れた方は意味が分かると思います。

こんなに雨が多い日本で
靴を履くことが、
そもそも環境に合っていないのです。

話すたび
書くたびに

いつも

「そもそも論」になります(笑)

天気予報では
私が出掛ける頃には雨があがりそう♪

大切な人のお祝いディナーなので
おしゃれをして出掛けたいな。