​昨日、今日、二人で過ごす

久しぶりのゆっくりした休日でした。


彼はいつも、冗談を言ったり、おどけて見せたりして

私や、一緒に居る人を

楽しませよう、笑わせようとします。

 

私が笑うとね

それはそれは嬉しそうに

もっと笑顔で、私を見ます。

 

彼はいつも、そうやって

一緒に過ごしてくれたことに

今朝、深く深く気づきました。

 

 

 

彼と出会ってから

22年もの時が経ちました。
出会った日から

いつもずっと

22年間ずっと

そうやって

私を笑顔にしようと

してくれていました。

 

 

いつも「雅恵はどうしたい?」

いつも、私を一番にしてくれた。

 

 

一方、私は

彼から貰うばっかりでした。

 

 

気がついたのは【相手の気持ちになってみたから】

彼の立場に立つことをやってみたんです。
彼がどんな思いで私に接していてくれていたか

【彼になってみる】ことで

ほんとうにわかりました。

 

 

今までもやって来ていた。

相手の立場に立ってみた。

 

けれど

「やっていたつもり」でしか

ありませんでした。

 

 

気づいたら

涙が溢れました。

 

有り難くてね

あったかくて

優しくて

胸が苦しく熱くなりました。

 

 

 

「 今夜、ご飯、なに食べたい?お祝いしよう!」

「いつも通りでよかよ。竹内まりややけん。」

 

 

「???」

 

 

「わからんと?」

 

 

「あっ!」

 

 

「そうそう。
雅恵と過ごす毎日が Special !」

 

 

 

私たちは毎日がSpecial day。
二人で過ごす日々が 特別で奇跡の日。

 

 

 

一番大切な人へ

正直な気持ちを 言葉で伝えよう。

 

 

いつもありがとう。
大好きです。
 

あなたがとても大切な人であることを

なによりもかけがえのない人であることを

言葉で 伝えよう。

 

生まれてきてくれてありがとう。

お義父さん。お義母さん。

彼を産み、育ててくださり

ありがとうございます。
お祖父ちゃん。お祖母ちゃん。

ご先祖さま。

彼の命を繋いでくださり

ありがとうございます。

 

 

お誕生日、おめでとう❤