大いなる決断を下しました。

井手口雅恵です。

     

大いなる決断については

前回のブログをご覧ください→コチラ

    

      
産まれてこのかたずっと

人様のために生きてきたような人生。

    

けれども、それは、私自身が、望み

選択し、歩んできた人生。

    

自分を生きていないことの証でもありました。

    

   

人様のために生きることで

私の人生に対して

私が責任を負わずに済むからだ。

     

言い訳が できるからだ。

     

そうやって

たくさんのたくさんの 逃げ道を作ってきた。

           

    

なんとまぁ

あざとくて、姑息で、

ズル賢い、

恥ずかしい生き方。

      
    

      
「私がこうしたい」

「私は、こう思う」

「私は、こうありたい」

の、真逆の人生。

      

私は、私であることを、主張しなかった。 

      

だから、今、主張する選択をし

現在の生き方を選んでいる。

       

        ・

        ・

        ・

        ・

     

つもりでしかなかった。   

               

気づいてもなお、まだ

人様の望みを叶えようとしていた。

     

人様をお救いしようなど

なんて烏滸がましい行為だろう。

      

     

人様が望むことを叶えてきた人生に

終止符を打とうと思います。

 私が欲しい靴を作りました。

    

想像以上に好評で

デザインを決めて

「細身で、黒のベルクロでね

ベロ部分だけをパテントにして…」

と、

口で説明していただけなのに

まだサンプルすら上がってきていない

品物がない段階で

イメージだけで

5足もご注文を頂いた自慢の娘。

       

名前は、Roberta(ロベルタ)です。

美人でしょう?

かっこいいでしょう?

本当にね

カッコいいのですよ♪

ステキな靴なの。

    

   

この靴を眺めながら

つくづく思いました。

     

    

もうね

私の魂が、心の底から望むことしか

やりません。

やりたくない。

       

私の望みを叶える人生を送りたいです。

          

          

    

    

今日は久しぶりの休日で。

(私は、いったい、いつ

休日をゆっくり過ごしたのかしら???)

忘れるくらい昔の話のよう。

     

    

夕べは

23:00にお布団へ潜り目覚めたのは11:30。

12時間も眠り続けていました。

優しい夫は「寝てていいよ」と

自分が出かける際も 私を起こさなかった。

     

私は、私のかけがえのない肉体を

どれだけ酷使していたのか?  

    

有り得ないですから…

     

        

「自分を粗末に扱うのもいい加減にしろ!」

    

          

自分が自分に対して

腹が立って

腹が立って

仕方がなかった。

      

我が身を削り 

睡眠時間を削ってまで

人様に尽くすなんて、馬鹿げている。

      

(  身体ありき 。)

         

私自身が

毎日、毎日、繰り返し伝えている言葉。

      

人様に対して。です。

      

「はぁ??」

「じゃあ、あなたは?」

「自分のことを棚にあげて

なに言っちゃってるの??

ふざけるな!!」

      

と、自分に怒鳴る。。

    

    

私がやりたいように

私が生きたいように

生きると決める。

   

大好きな人たちとだけ

私と

私を愛してくれる人と共に

命の時を過ごす。

      

私の人生だからね。

       

言葉と行動が一致していないのは
私自身でした。

     

有言実行。

私は、私を、大切に、します。

   

幸せの青い鳥は

探しにいっても見つからない。

      

幸せの青い鳥は

外には 居ない。

     

      

幸せは、ずっと、そこにある。

     

探しにいかなくても

私のなかに

ずっと前から、そこにいて

     

私がその存在に気がつくのを、

ずっとずっと

ずーーーっと、待っている。

     

私は、私の望むところへ。       

        

大いなる決断のその先に

望むところが、見えた。     

      

「なぜ、この仕事をしているの?」

私に、問う。 

      

      

今さら、なに言ってるの?

欲しい靴がないからに決まってるでしょ!

小さい頃から

ずっと靴に困っていたんでしょ?!

気に入った靴も足に合わなかったでしょ?

どれにしようか~?って

迷いたいんじゃなかったの?

     

     

そうでした。

私は、靴が欲しいのです。

それが、私の望むところ。

     

    

私が

飛びっきり

テンションMAXアガるような

イカす靴が欲しいのだ!