​井手口雅恵です。

先ずは、冒頭から
アシタスタイル®サロンより
本日は重要なお知らせ、2つです。

ブログ後半では
お知らせにあたり
私の考えを綴りました。

ご理解いただけると幸いです。


お知らせ①

スニーカー発売に伴い
2017年2月28日を持ちまして
講座内での3Dインソール作成プランは
終了させていただきます。

2017年3月以降、
3Dインソール作成をご希望の方、
根本改善プログラムをご希望の方は、

講座受講後に
アシタスタイル®サロンへ
個別カウンセリングをご予約ください。
お知らせ②

1day講座料金税金表示変更

2017年2月28日まで¥53,000(税込)

2017年3月1日以降¥50,000(税別)

となります。

宜しくお願い致します。


昨日、一昨日は
スニーカー試着&受注会。

「待ってました!」
「雅恵さん、有言実行!」

たくさんの方に喜んでいただけて
本当に嬉しかったです。

たくさんのご来店
誠にありがとうございます!

皆様からの喜びの声を受け
私の魂が訴えてきます。

(あなたの生きる目的は、なに?)

冒頭のお知らせです。

大きな決断を、下しました。

1day講座内での
3Dインソール提供を、止めます。

 

なぜならば
理由はひとつ。

 

       「 便利さは、負の代償 」。

       

だから    もとの形に戻します。

 

 

たくさんの講座を 開催してきました。

 

たくさんの方に足の重要性と
早急な足づくりの必要性を
訴えて来ました。

出張講座も行いました。

 

【より速く】

【より多く】

【一人でも多くの方へ届けたい】。
2016年は、もう、ただ
その一心で、駆け抜けて参りました。

 

ですけれど
大切なことに気がつきました。

 

私の想いは
「思いやり」 ではなく

単なる「お節介」のままで
終わってしまっていたことに。

 

片想いのまま
終わってしまっていた。

気付きのきっかけは
千歳での、出張1day講座。

そして、
昨日と一昨日に開催した
スニーカーの試着&受注会にて。

振り返ってみれば

アシタスタイル®1day講座
2014年10月に公開講座としてスタート。

 

当時と比べると
アシタスタイル®が変わりました。

私が変化しました。
アシタスタイル®の認知が変化しました。

 

講座を始めた当初は

講座受講後に
アシタスタイル®サロンへ
お越しいただき
個別カウンセリング

個別インソール作成

個別根本改善
プログラムご提供

施術、姿勢や
ウォーキングレッスン

足の悩み・身体の不調、
すべて解消

 

のように、
アシタスタイル®サロンで

お客様によって
すべて異なる足
異なる生活スタイルに応じた

個別での
コンサルティング、
アドバイス

足の変化と身体の変化
更には、マインドの変化まで

おひとり、おひとり、
じっくり時間をかけて
対応をさせて頂いていたのです。

サロンは東京・新宿ですが

大阪の方も
福岡でも
北海道でも
さらには、アメリカにお住まいでも

東京・新宿まで、お越しくださっていました。

 

1day講座のお申し込みが
東京・新宿近郊の方にとどまらず
別の地域からお越しくださる。

その数があまりにも多く

「東京へはなかなか来られないです。
 この後、どうしたら良いですか?」

そういった声が
だんだん増えてきたために

「どうやったら
ご遠方の方に
喜んでいただけるだろう??」

来る日も来る日も
知恵を絞り
考えて
考えて
現在の形を作り出しました。

講座内で可能な限りの
足のチェック、
サイズ把握、
インソール作成。と、

講座内で
インソール提供可能な
ギリギリのラインでの形を
産み出しました。

 

それはそれは、もう
これまで以上に、ご遠方から、
たくさんの方に講座へ
お越しいただきましたし

講座は、開催が
決定する度に満席でした。

東京都内在住の方が、
ゼロという回もありました。

 

たくさんの方に
喜んでいただけていたはずの
1day講座。

私は、
大きな大きな間違いを
犯していたことに、
気づきました。

 

 

12/6 千歳での
出張講座での出来事です。

 

再受講の方が
初受講の方へ対しての行動を見て、
ハッとした。

靴の紐の締め方を
教えていらっしゃる。

それが

                間違った方法でした。

その方は笑顔で、
こう仰いました。

 

「前回、先生の講座へ参加して、
 本当に良かったです!!

 職場の人たちの
足元が気になって、
こうやって
みんなの靴紐を縛ってるんです。

おかげで周りからは「変な人~」みたいになってます(笑)」

        

       

 言葉を失いました。

       

彼女には、全く、罪はありません。

むしろ、善意から起きた行動です。
良かれと思ってやっていることです。

だけど
それは、私が伝えたことではない。
私が伝えたいことではない。

間違って伝わるのなら
伝わらない方が、よほど、良い。

             

(正しく伝わっていない。)

すべては私が起こしたこと。
すべての責任は、私にある。

       

この出来事が
きっかけに、次々と

「私の在り方」について
問いを投げ掛けられることが
起こり続けました。

 

知っただけでは、変わらない。
変わりたくない人は、変わらないよ。

知っても、
行動をしなければ、変わらないよ。

知る と 分かる は違うことです。

知る。
分かる。
理解する。
できる。
分かち合う。

    

「そうだ。

   私は、分かち合いたいのだ」と。

     

「身に付かなければ 教える意味など ない」

       

     


そして
昨日、一昨日の、
スニーカー受注会。

アシタスタイル®メソッドは

2年前から
提供していますから、
当然のことながら

2年前からのお客様と
先月講座受講終了されたばかりの
お客様が同時に会します。

根本改善プログラムを
終了されたお客様

ずっと定期的に
通って来られるお客様

靴を新調する度に
ご相談くださるお客様

かたや
講座受講だけで
終わっているお客様

 

靴の取り扱いかた。
靴へ足を入れる一連の所作。
靴紐の締めかた。
自分の足と靴の関係性の見極めかた。
サイズ感の判断力。

       

これほどに違うものかと、
愕然としました。

 

すべては私が起こしたこと。

すべての責任は、私にある。

 

 

お客様の声に
答えようとするあまり

私は、自分のポリシーを
曲げてしまった。

 

大きな大きな間違いを、
目の当たりにした
出来事でした。

 

 

人は、
容易く手に入れたものは
大切には、しない。

便利さは、人を、ダメにする。

      

 

新しい名刺が、完成しました。

【  足づくりで未来をつくる革命家。】

 

自分へ 問う。

(私は、なぜ、この仕事をしているの?)

(私の目的は、なに?)
私の人生の大目的は

足で地球を変えること。


日本における足元教育。

靴文化・発展途上国NIPPONから
靴文化・先進国NIPPONへ。

人類が二足歩行で
歩くことの
本当の意味を伝えるために

日本で蔓延っている
間違った常識を覆すため

正しく伝えるために。
だから、始めた、1day講座。

二足歩行の人類に必要な
歩くために必要な
すべての日本人に共通するスタートライン。

それが アシタスタイル®メソッド
トータルフットケア 1day講座。

 

 

どうしても会いたい人が居たら
私は、自分の時間を削り
その人に、会いに行きます。

 

きっと、あなたも、そうでしょう?

 

私は、一人。
あなたも、一人。

会いたければ
時間も、距離も、関係がありません。

 

誰かにとって近い人は
誰かにとって遠いのです。

 

その人が居る場所は「そこ」だから。
あなたが居る場所は「そこ」だから。

私は「ここ」に居ようと決めた。

もとの形に戻します。

【便利さは負の代償】だからです。

 

 

アシタスタイル®では
一生涯を健康に生き抜き
人生の終末まで自分の足で歩く
唯一無二の方法をお伝えしています。

 

その方法は、
他人に頼らない究極のセルフケアです。

 

必要な方は
取りに来ていただけませんか?

 

私が伝えたいことと
あなたが受けとりたいことを
同じにしたいです。

間違ってほしくはない。

 
私には、
発信している責任がある。

 

私に出会ってくださって
ようやく「生きる本質」に
辿り着いたあなたを

これ以上、
迷子にしておくわけにはいかないから。
放ってなんて、おけないです。

 

この世に
私は、たった一人。
私は、私を大切にしたいです。
あなたが、あなたを、大切にするように。
私も、あなたを大切にしたいです。

 

片想いのままでは、私は、ツラい。
あなたと両想いになりたいです。

 

あなたと共に
生きる喜びを、分かち合いたい。
愛を込めて。                井手口雅恵