3Dインソールの取扱いを始めて以降
変化の実感から増えた、お問い合わせ。

「直ぐに3Dインソールを手に入れることはできませんか?」

「母にセミナーを受けさせたいけど
 だいぶ年齢が上なので…」

「腰痛がひどい主人の靴に入れさせたい」

「膝が痛いと手術を考えてる友人に、早く教えたい」

足トラブル、体調不良の多くは
足裏アーチの崩れによるものです。


アシタスタイル®メソッドを
知ったお客様は、ほぼ全員の方が
3Dインソールを装着します。

アシタスタイル®に
来られるお客様の足のお悩みや
体調不良の改善が飛躍的に
スピードアップしているのは
3Dインソールのおかげでもあります。

アシタスタイル®の看板商品です。

歩くことの
本当の意味を知った女性たちは
パンプスを脱ぎ捨て

「スニーカーなんて買ったことない!」
「高校の部活ぶりかも?」

そう、口にしながらも

歩くことの重要性を見いだし

セミナー受講後に
スニーカーを買いに走る!

そして、再び
3Dインソールを装着しに
サロンへお越しになります。

歩いて足を育てるための、3Dインソール。
image

サロンへご来店の方は
定期的にフットプリントを採取し
足裏の着地がどのように変化をしたか
確認するのですが

みなさんが、
ご自分の足の変化に驚きます。

「私の足ですよね??」
「同じ足ですよね?」

セミナーで学んだ
【理想的な足裏アーチ】の
足形に近づいていく

フットプリントに残る自分の足形に
思わず笑みがこぼれます。

1

骨を立てる、
骨盤を立てる、3Dインソール。

装着し立った直後から

どんなに身体の感覚が鈍い人でも
3Dインソールのスゴさは判ります。

3Dインソールの入った靴を履き
立ち上がった途端

みんな、驚きで目を丸くする!!

そして
全ての人が口にする。

「腰が立つ♪」と。

足関節へアプローチ。

踵骨を立てる。
脛骨、腓骨を立てる。
大腿骨を立てる。

だから、骨盤が立つ。

骨盤の後傾により
崩れている姿勢のために

腰痛が起こり
腹筋が弱り

筋力低下にで支えられない骨盤が開く。

腰が張る。
お腹が出っ張る。
下半身が太くなる。

悪循環。。。

3Dインソールを装着した靴を履けば
足元から骨盤が勝手に立つ。

良い姿勢でしか、立てなくなるのです。

ウォーキングのテクニックが要らない
3Dインソール。

セミナーで、アシタスタイル®の
体幹を使った
骨格ウォーキングを指導しています。

セミナー内での
ウォーキングレッスンでは

本当の骨格ウォーキング
の、習得には至らないのです。

なぜなら
足の悩みやトラブルがある。
身体の不調がある。ということは
足裏アーチが崩れているから。

3Dインソールは
崩れた足裏アーチをサポートし

骨で立つ。
骨で歩く。を
再現しやすくします。

正常歩行ラインへと
勝手に誘導してくれる
3Dインソール。

3Dインソールは
従来のインソールの概念を覆します。

骨を立てる。

新解釈のインソールです。

崩れた足裏アーチを
3
Dインソールが支えながら
誘導してくれるので
ウォーキングのテクニックが要りません。

正常歩行では、
大腿骨が、股関節を通じて
骨盤を締める働きをします。

本来、2足歩行は
歩けば歩くだけ、骨盤が締まる。

つまり

歩けば歩くだけ
お尻が締まるメカニズムなのですが

骨盤へ伝わる力に
ロスが生じているため

また伝わる角度が異なるため

歩行により
骨盤を締めることができず

「骨盤が開く」ことになってしまっています。

アシタスタイルのお客様が
「お尻が小さくなった♪」
「ヒップアップした♡」

と、なるのは
正常に歩けるようになった
証拠でもあります。

3Dインソールは
崩れた足裏アーチの形成を促進します。

がんばって たくさん歩くことや
努力して運動をしなくとも

3Dインソールを
装着した靴を履いての
日常歩行で
崩れた足裏アーチを再生します。

3Dインソールを装着した靴での
頑張らない日常歩行により
著しい変化を得たお客様は

痛みから解放され
姿勢が変わり、笑顔を取り戻す。

ご友人やご家族から
何をやったの???
と、訊ねられるようになる。

そして

「そのインソール、どうやったら手に入るの??

欲しくなったでしょ??

アシタスタイル®への入り口は
トータルフットケア講座です!