歩行が困難になるほどの
10年来の膝の痛みが
なんと、その場で消滅しました。

色彩と人生の不思議探求家
鈴木彩子さまがブログを書いてくださいました。

ありがとうございます。

ご紹介させていただきます。

 


 

昨日は母を連れて、いつもお世話になっている
井手口雅恵さんのサロンアシタスタイル® へお邪魔してきました。

右が雅恵さん。昨日はキュートなワンピース姿でしたよ☆

 

1

 

さて
どこから書けば良いだろう。
昨日の帰りから、母の歩行は劇的に変化しました
雅恵さんの個人セッションを受けた直後から。

もう10年間ほど、母は膝の痛みに悩まされてきました。
それでも、なんとかひとりで
歩行することができていたのだけど
年末に旅先で無理をして以来、
夜中寝ていても、足全体を走る痛みに起き

外で歩くときは引きずりながら、たびたび立ち止まって休み
家の中でも壁を伝って移動
椅子の立ち上がりにも痛み、そうこうしているうちに
寝ても覚めても、ずっと痛い、という状態に。

 

もう痛くないという状態を忘れてしまった・・

とげっそりして、つぶやくほど状況は進み
これはもう手術して人工関節しか手は残されていないのではと
いうところまで来ていました。

 

医学的には、軟骨がすり減り、骨が曲がっている状態

神経が触っているんだろうし、骨が曲がっているんだから
あちらこちらに支障が出てくるのは当然といえば当然で。

母本人は
サプリやマッサージや、健康器具をあれこれ買い込んだり
思いつくことはすべてやり尽くしたという・・

 

それまでは、実は
割と冷静に見ていた私
ある程度は老化に伴うものだから
うまく付き合っていくしかないよね、と
思っていました。

それは今でもそう。
老化、という現象とは無理に戦わないという姿勢はね。
大事かなって思っています。

 

けれど寝ても覚めても激痛となったら
それはちょっと話が違ってきます。
普通の生活すら困難、となると
もう痛みのために生きているように
きっと本人は感じるだろうから。
何のために生きているのか
と心が後ろ向きになるだろうし・・

なにか痛みに効くものはないだろうか・・
と考えあぐねていた時に
複数の方々が多様な視点から情報をくださって
(ありがとう、みんな!!!!!)
その中に雅恵さんの

「よかったら、お母様連れていらしてください。」

との有難いお言葉が・・

雅恵さんがどれだけご多忙な女性かは
よくよくわかっていたし
最近はほとんどマンツーマンでのセッションを
なさっていないことも存じ上げていたので
(時間的に無理)

 

もう、本当に、本当に
本当によろしいのですかーー!!??

でも・・
正直・・・
本当に有難いです!!!

と、お言葉に甘えまくってしまって
当日お邪魔することになったのです。

 

雅恵さん、母につきっきりで
最初のお出迎えしてくださったところから
すぐに問診に入り
今までの(辛かった感情も交えた)経緯を話す母を話を
それはそれは丁寧に聞いてくださって
(世間で雅恵さん怖いー というお声もちらほらあったようですが
どこをどうとってもそれは・・・ありえない!ですわ(笑)

足型を取り、足浴をさせてくださり、その間も
心ほぐれるような世間話から母と同世代のご自分のお母様のことや
あとはもう、セミナーでいつも10名規模の人数に語られている
アシタスタイル®メソッドのあれやこれや・・
(こっそり復習のために耳ダンボになってたのはここだけの話 笑)

それこそ、セミナー受講時に
私だってびっくりした話だったから
母にしてみれば、地球がひっくり返るような話の
オンパレードだったかなと。

そんな、雅恵さんが構築してきた今までのすべてを
母に、直々にレクチャーしてくださって・・・

有難いやら有難いやら有難いやら・・

 

母はどのくらいこの有り難さがわかっているんだろう??
と、行く前もこのことがどういうことか
話してはいたけれど
途中でふたたび念押ししましたよ。

雅恵さんの個人セッションって
なかなかないことなのよ!

って・・

でもきっとよくわかってないかもしれないなぁ・・
すみません、雅恵さん

自分も雅恵さんに3Dインソールを作成していただき
それを装着したスニーカーで歩行し
足作りをしてきたここ2ヶ月。
今までと同じような生活をしているのに
腰にクビレが出現し、
お尻は明らかにアップしてきたこと(当社比)

何より、歩くこと=疲れること
だった日々が
歩くこと=疲れをとること
に激変したこと

3Dインソール自体は
あちらこちらで目にすることが多くなりましたが
靴選びから、そもそもの自分の足のサイズに対する勘違い
そして根本的な、巷に流通している靴の問題点など
ここまで明確に教えて(斬って?笑)くれる場所は
アシタスタイル®以外なかなかないのではないかということ

そういうことがあったから
そのメソッドの素晴らしさを
私は「知っているつもり」だったのだけど・・

母の膝の崩れは、かなり進行しているから
1日2日で、痛みが引いたり、歩けるようになったりは
例え雅恵さんの手にかかったとしても
難しいところまできているだろうな

それでも、少しでも助けになればいいな
1ヶ月後に、少し痛みがひいていればいい位に
思っておこうかな・・

と正直、そんな想いだったのですが

ちがった。

その場で作成してくださったインソールを入れて
歩く母の姿は

あれ??

あれれ????

歩けてる・・・・・!!!!

いつものように引きずったりはほとんどないし
(というかないと言ってもいいレベル)
歩行の早さも上がっている!

!!!!

わかっていたつもりだったのに
ここまで、とは思っていなかった・・

最寄駅まで戻ってきたとき
母が

いつもならこれだけ歩いたら、もう足が動かなくなって
膝が方向を取れなくなる
痛みも増して来て大変なのに
それがない・・
嘘みたい・・と

正直アシタスタイル®のある新宿御苑前まで
どうやって母を連れて行こうかと
内心案じていた私・・
車で行ったほうがいいかな
いやでも首都高は無理・・と

行きも徒歩10分ほどの駅までタクシーで出向いて
なるべく歩かないで済む方法を講じながら
地下鉄の工事での遠回りや
エレベーターのない駅に
泣かされながら・・
なんとかたどり着いたアシタスタイル®

それが、同じ道を同じように歩いて帰ってきて
さらに、これなら家まで歩けそう
という母。

無理しない方がいい、と雅恵さんも言われてたでしょ?
とタクシーで帰りましたけどね。
無理は禁物。急に動かしたらあかんよね。

喜びながらも狐につままれたような母
それを見て、そうなのよ、すごいでしょ?
と母に言いながら
ここまで即効性が
あるものだとは思っていなかったから
言っている私自身が、ただただびっくり。。

帰宅後
メッセージをやりとりした雅恵さんが
こうおっしゃった

簡単でしょ?

骨を立てれば良いのです!

キッパリ!

(笑)

簡単でしょ?

はい
・・そうなんですね。本当にそういうことなんですね。
そのシンプルさに心底納得です。

そして
簡単なことなのになんで世の中では
簡単でないことになっているんだろう。

行きも帰りも、街は高齢化も手伝って
杖をつき、よろけながら、曲がった腰で押し進むようにして
歩く高齢者がたくさんいらっしゃいました。

中には、腰が曲がっているのに
靴下にサンダル履き、いう方もいらして
何がどうしてそれをチョイスしてしまったのか
(恐らく脱ぎ履きしやすいという理由からでしょうが)

歩くということを、あまりにも考えない靴が溢れていて
正しい知識も普通に暮らしていると手に入らないという・・

今回は、うちの緊急事態を慮ってくださって
特別に個人セッションをしていただきましたが
全国の雅恵さんのファンの皆様には
心苦しく思っています。

きっとね、同じように年老いてきた父親や母親を抱えて
悩んでいる方も多いだろうと思うのです。

そうしたら!!
雅恵さんからこんな素敵なお話を伺いましたよ!!

親御さんが歩けなくなってきた。
膝の痛みで動くこともままならない。
など、緊急事態の場合、

セミナー受講された方と
アシタスタイルサロンリピーターさまの
ご同行が可能な場合、個別対応受け付けます。

ですって!!

もちろん、数に限りのある枠になるのは間違いないことでしょうが
いざという時に、助かる方が多くなるのではないかと思います。

「生涯自分の足で歩きたい」は誰にとっても
その人生の最後の目標になるかと思いますから・・

母が雅恵さんにつきっきりでサポートしていただいている間に
私は、アシタスタイルの影のリーダー(と勝手に思っている笑)
ゴッドハンドを持つ、スタッフの海老原貴子さんに
これまたすんごい施術を受けていたのですが
そのお話は次の記事に綴りたいと思います♪

雅恵さん、本当にありがとうございました。
お心をしかと有り難く受け取らせていただきますね。
そして私も、次の誰かへバトンを渡し続けていきます。
私に出来ることで。

全文はこちら
http://ameblo.jp/luckey-color/entry-12135827053.html