大丈夫。
安心してください。

私は、知っていますから。

あなたを苦しめる相手を。

本当のあなたは
心優しいあなたです。

愛する家族。
大好きな恋人。

共に過ごす時間を
笑顔で分かち合いたいと
心から願っている。

なのに
心とは裏原に
口をついて出てくる言葉。

「頼むから
休みの日ぐらいゆっくり寝かせてくれ…」

(本心ではないのに。)

「見れば、わかるだろ?」

「いちいち言わせるな!」

「分かってくれよ、疲れてるんだ。」

(なぜ、あんな言い方をしたのか…)

つい、口にした…

言った後で、激しく後悔を する。

自分を、責める。

ますます、言葉にできなくなる。

心優しい
穏やかな
あなたの笑顔が消えてゆく。

鉛のように重いカラダに
常にムチを打ち

すし詰めの通勤電車に揺られ

この先、
あなたはいったい
何度、溜め息をつくのだろう。

心にもない言葉が
あなたを苦しめる原因は

疲れです。

あなたを苦しめる相手は、疲れ。

身体が訴えてくる
あまりの疲れによって
思わず口にしてしまう。

忙しすぎる。

仕事に忙殺され
心を亡くしているのです。

あなたの想いは
大切な人へは届かない。

届かなくしているのは、身体の疲れ。

疲れすぎているあなたは
心にゆとりがありません。

私には、想像ができます。

あなたの疲れ方を見ていれば
あなたがどれほど働いているか。

肉体と頭脳を限界まで酷使し
へとへとになるまで
どれだけ働いているかを。

大切な人との時間を取り戻すには
身体にも
心にも
ゆとりが必要です。

あなたを苦しめる疲労の原因は

「ゆるい靴」

大きめの靴を、
ゆるく、履いてはいませんか?

足に合っていない靴は
あなたの歩行を妨げる。

1歩踏み出す度に
足についてこない靴を引っ張って
持ち上げて、引き摺る。

だから、疲れる。

合わない靴は、お荷物です。

合わない靴は、足かせです。

合わない靴は、靴では、ない。

日本人のほとんどの男性が
大きすぎる靴を履き
自ら健康を阻害しています。

あなたの苦悩は
身体の疲れが取り除けさえすれば
解決する。

休みの日に寝てばかりいずに

休みの日こそ
愛する人と
かけがえのない時間を満喫してほしい。

ほんとうの
心優しいあなたの笑顔を
取り戻せる日を願って止みません。

image