こんにちは。

トータルフットケア
アシタスタイル
オーナースタイリスト
井手口雅恵です。

私のブログに

珍しく

人気者がたくさん登場しています!

な ぜ な ら ば …

私、基本的に引きこもり。

サロンへ引きこもって
仕事ばかりしている私が

セミナー以外では
他人様の前に出ない私が

珍しく

人気者が集まる場所へ
出掛けて行ったからです!(笑)

– – – –
ここのところ
「私が望む生き方をしたい」
そんな、強い、強い、風潮。

「私らしく ありたい」 と
自らの起業という形を
考える人が増えるのは
然るべき時代の流れですね。

「満足」について垣間見た
昨日の出来事です。

image

ヒナココさんと。

昨日は [ヒナココ生誕祭]
45歳のバースデーパーティーへ
お邪魔して参りました。

image

いつも
愛いっぱいのヒナココさん。

ヒナココさんを
慕うたくさんの方が

お祝いへ
駆けつけていらっしゃいました。

image

愛を与える人には
必ず

与えた以上の愛が
戻ってきます。

– – – – –

今日は
【満足感】について書きますね。

「満足」については

スタッフや
ビジネスパートナーとも
しばしば話題となるテーマ。

昨今の起業ブームもあり
得意なことを通して

自分を表現することを望む方が
多いように思うのですけれど

自分を満たしたくて
起業を選択することは

残念ですがオススメできません。

ビジネスにおいては
満足感など
決して得られませんから。

満足が得られる人

もとい

満足を得るべき人は

あなたではなく

クライアント様です。

ビジネスにおいて
満足のゴールは永遠に訪れません。

成果を出し続けるのがビジネスです。

クライアント様に満足を得て頂き

また
更なる満足を得て頂けるよう

商品、サービスを
提供し続けるのがビジネス。

なぜなら

人は 必ず 飽きるから。

商品を変化させたり
新しい商品を追加することで

クライアントを飽きさせることなく
購入し続けて頂ける仕組みを作る。

そして

利益をだし
事業として成り立たせ
経済を循環させる。

たくさん税金を納める。

この【社会貢献】の形が、事業。

つまり、ビジネスです。

満足は「顧客」が得るものです。

「顧客満足度」の高いものが
良い商品です。

それがビジネス。

「楽しいから」
「好きだから」
「得意なことだから」

提供する側が満足したくて
行うコトは
顧客が望むコトでないことがほとんどで

その場合

「こんなにいい商品なのに
なぜ売れないんだろう?」

疑問が生まれることもあり

よくある
売りたいものは売れない。

といった現象が起こります。

(そのため
マーケティングが必要となるのです)

満足感を得たいのであれば
趣味もしくは研究に
留めるほうが
よろしいかと存じます、経験上。。
(当社比)

因みに

私が過去の経験における
「満足感」や「達成感」は
たったの2つ。

・初マラソンで20kmを走りきった。

・初登山で2500mの頂上に立った。
(8時間山の中を歩き続けた)

以上です(笑)

ほかにもまあ
そこそこの、満足感や達成感を
得られることが
趣味の中であっても

仕事での満足感や達成感は
一度も感じたことがありません。

自分が満足していたら
成果を出し続けることは不可能ですし

満足感によって
歩みを止めてしまいますから。

歴史上のビジネス成功者の条件は

【稼ぐ行為に、ストイック】。

稼ぐのは単なる手段であって

さらにその先に
【大目的】が設定されていますから

その大目的実現へ向けて
たくさんの事業資金が必要だから
稼ぐことに貪欲になるのです。

その商品やサービスの提供を
生業にして
プロ(専門家)として
クライアント様から対価として
料金を頂く上で

・結果を出す
・成果を出す
・満足感を得ていただく

ことは、ごく当然のことです。

あなたは

満足を

どこに求めますか?

– – – – –

「元祖・イケメン売りの雅恵さーん!
一緒に写真撮りましょ♪」

image

イケメン売り ふっこさん。
マジ、イケメン。

眼福❤

ヒナココさんが

コンサルタントとして
手塩にかけ大事に育てられた
ふっこさん。

ヒナココさんの力になりたいと
ヒナココさんに応え
ヒナココさんが最も信頼する
心 優しい ふっこさん。

image

「ヒナココさんはサプライズが苦手です」

「ヒナココさんへ贈るお花を
一本だけご用意くださいますか」

パーティーの前に
アナウンスメールを頂き

お花を一本、贈りました。

ふっこさんが
「これをやりたい」「こうしたい」

ではなく

主役のヒナココさんが
心から喜ぶことは、何か?

どうすればストレスなく
イベントを楽しめるか?

サポートする側は、常に
このスタンスでいるべきです。

image

カメラマンもこなす
ライフクリエーター・たかはしよしこさん。

カメラマンの性。

他人を撮っても
カメラマン本人は
なかなか、撮られることがない。

なので

撮っちゃいました♪

image

美人ですから。

顔、出さなきゃね ♪

笑顔を集めるのが得意だけれど

やっぱり
お客様に喜んで頂ける写真を
撮ることを目的としておられます。

私は、と言えば…
image

喜んで頂けるはずの
私の愛の形が

とんでもない勘違い。。。!!

「雅恵さん、ゴメン。

カサブランカ、苦手なの。。」

image

えぇーーーーー!!!!
(;゜∀゜) マジ?

はい。

ほらほら~。

満足感は

得るものでは ありません。

与えるものです。。。

image

(ネタ?? ネタなの??)

そう思いましたが

このブログを書いたあと
ヒナココさんは
丁寧に言葉で教えてくれました。

ヒナココさんは
ほんとうにカサブランカが苦手です。

私の思い込みが
判明した瞬間でもありました。

こうやって
正直に言葉で伝えてくれることは
ありがたいです。

自分がいつも
他人の「思い込み」について
フォーカスしがちなのは

自分自身の
思い込みが非常に強く

思い込んだままに
強い発言をして
相手をビックリさせたり
行動により
傷付けてしまう傾向が強いのです。

私の行動を
振り返る機会となりましたので

自分を探っていきます。

ヒナココちゃん。

お誕生日おめでとうございます!

私が理解できるよう
言葉にしてくれてありがとう。