Q.
仕事で、ハイヒールを履いています。

ここ数年、足の疲れが酷く
足の裏にタコがあり
痛みがあります。

むくみも取れず
外反母趾の痛みも出てきました。

年齢のせいでしょうか。

足が弱っているのは
感じています。

腰痛も、肩凝りも
かなりひどく
マッサージや整体など
定期的に通っています。

姿勢が悪いのも指摘され

自分でも気になっており

○○さんのfacebookから
井手口さんを知り
セミナーを受講したいのですが

こんなボロボロな私でも
改善しますか?

これまでにも様々なことに
取り組んできて
結果を得たものは
ひとつもありませんでした。

私だけは例外なんじゃないかと
自信がありません。

ハイヒールではダメでしょうか?

ハイヒールで改善はしますか?

スニーカーは履きたくありません。
スニーカーじゃなきゃダメですか?

A.
あなたに自信があってもなくても
身体が改善するプロセスには
関係はありません。

足元を整えて
正常歩行が行われれば改善します。

現時点、すでに
不調の原因の多くが判明していますから
改善しますと言えます。

年齢は、関係ありません。

改善スピードには個人差がございます。

幼少期からたくさん歩いたり
外で遊んだり
学生時代に走る競技をした
など

足をたくさん使っていれば
骨格がしっかりしていること
筋肉量が多いことで
比較的、改善は早いです。

逆に弱い足は
これから足を育てる必要があり
時間がかかりますが、
必ず変わります。

「 今 後 ど れ だ け 歩 け る か ?」

に尽きます。

なぜなら
身体を支えるために
二足歩行に絶対欠かせない
アーチの形成は
歩くことでしか成し得ないからです。

ヒトは古代からずっと
そうやって
身体を使ってきたからです。

腰痛、肩凝りは、歩いて解します。

むくみや疲れは
歩いて取り除きます。

タコは
歩くことでアーチを形成させ
靴の中で自然消滅させます。

外反母趾は
歩いてアーチを形成させ
骨の捻れを正します。

根本改善を目指すなら
二足歩行の正しい状態、

つまり

ヒト本来の【裸足での二足歩行】に
近い状態で
たくさん歩くことが必須です。

改善したい思いがあるなら
歩くしか、他に方法がありません。

あなたの身体を歩かせることは
あなたにしかできません。

あなたの身体は
もうすでに
多くの不調を訴えていて

ご自身でも
靴に原因があるとお気づきです。

それでもハイヒールを履きますか?

姿勢が悪いまま
キレイに歩けていないまま

ますます身体に悲鳴をあげさせ

身体への負担を強いながら

ハイヒールを履き続ける生活をしますか?

スニーカーへ履き替え

足を作り

身体をつくり

歩いて身体を整え

カッコよくハイヒールを
履きこなせる
身体を手に入れますか?

改善する方法はお伝えします。

私が持つ情報は全てお話しします。

ご自身で選択なさってください。

どんなに美しいハイヒールも

履く人の歩く姿が乱れていては
靴が可哀想だとは思いませんか?

せっかくのドレスアップを
美しいフォルムの靴を

台無しに履いている人は
残念に思えてなりませんが

いかがですか?

image