歩くことは生きること

井手口です。

歩くことは、地に足を着けること。

歩くたびに、地球に何度も何度も触れるということ。

歩くたびに、私は、地球の一部あることを確認する。

人間も、地球上の他の動植物と同じ、みな平等です。

地球に誕生し、地球に還り、循環します。

思考を手に入れた人間は、頭を使い、考えなくてはなりません。

知恵と経験を活かさなければ、思考を持つ意味はありません。

自分が住んでいた時よりも
次の世代がもっと住みやすい地球になるように。

負の遺産を遺すなど、あってはなりません。

美しい地球が永遠にあるために、私ができることはなんだろう?

 

今日は、8月6日。

73年前に、広島の上空で、核爆弾が飛散した日。

私は、73年前の8月9日に長崎で被爆した父の血と肉体と経験を引き継ぐ被爆二世。

人は忘れる動物です。

負の記憶こそ、決して忘れてはなりません。

記憶が薄れる頃に、人はまた、過ちを繰り返す。

 

歩くことは、生きること。

歩くことは、グラウディング。
歩くことは、センタリング。

私の真ん中は、地球の真ん中。
地に足をつけ、判断を誤らず、人として、真っ当でありたい。

 

莫大なエネルギーが今にも溢れだしそうな地球を踏みしめ、
私は疲れを地球へ還す。

代わりに地球から元気をいただこうと思う。

人間以外の動物がそうしているように、
私も動物として、地球を、歩く。

歩くことは、生きること。

歩くことは、地球を循環させること。

私が歩けば、私の身体が整い、心穏やかに、心鎮まるように

ヒトが動物として、地球に還れば、地球は整い、穏やかに、鎮まる。

新宿御苑前駅 徒歩1分「足の悩みサヨウナラ」どこに行っても、何をやってもダメと諦めていた、足の悩みを解決します。きっと「出会えて良かった」と思える、新しい美容・健康法。明日をstyleする最先端のトータルフットケア

2018/08/06|