浮きゆびがすべての元凶

お客様がfacebookでタグ付けしてくださって知ったのですが

ためしてガッテン で「浮きゆび」の特集だったとか。

 

そう。

体調不良の元凶は、浮きゆび。

井手口です。

 

動物の基本姿勢として「足のゆび」を使うことは決まっていますが

ヒトは、靴を履くことで、自らの歩行によって「浮きゆび」を作っています。

 

体調不良の元凶は浮きゆび

浮きゆびをつくる原因

 

●大きすぎる靴

●脱ぎ履きしやすいように靴をゆるく履くこと

●裸足文化の日本人が、靴を履く意味を知らないこと

です。

 

大きすぎる靴は、歩く度に脱げそうになります。

脱げそうになる靴を、脱げないように歩けば、スリッパを履いたときのような「引っ掛け歩き」になります。

スリッパだけでなく、長靴などのゆるい靴を履いて歩いたら、スネや前太ももがパンパンに張って疲れるでしょう?

 

自分では「合っている」と思っている靴も、実は「合っているつもり」の大間違いをしています。

 

要するに、

そのようなスリッパを持ち上げるような歩き方では、

自然とかかと過重になるため、

自然と浮きゆびが作られます。

 

 

足トラブルや身体の不調の原因が、浮きゆびであることは、ずいぶん以前から、色んな方が唱えていらっしゃいますが、

それを、確実に改善する方法を提案している人はいらっしゃいません。

 

だから

私が、創りました。

浮きゆびを日常歩行で改善する方法を。

 

足のゆびを使わせるために

わざわざ体操をするのではなく

特別な何かをするのではなく

意識せず

日常歩行で、自然に足のゆびが使えるようになっていく方法です。

 

私たち人間は動物です。

歩く際に、足のゆびを使うのは、当たり前のことですから、日常歩行を正常にすればよいだけです。

 

正常二足歩行で、足を正常にする。

正常な足で、二足歩行を正常にする。

 

 

足を本来あるべき正常な形に戻す方法。

それが

アシタスタイルの

正常骨格誘導型総合フットケア です。

 

「足ゆびを使って歩こう」と意識しても、歩けません。

何故ならば

靴をゆるく履いているからです。

「え?だって、ゆるい靴の方が足ゆびが自由に動かせるじゃない!」

実はこれが、大きな勘違いです。

前滑りする靴では、足が靴の中で泳いでしまい、靴が足の自由度を奪い、かえって歩行を妨げる現象を生むのです。

 

日本人のほとんどが「浮きゆび」です。

「浮きゆび」に、男性、女性、性別はあまり関係ありません。

 

街中を行き交う人々の足元を観察していると、わかります。

「この人は浮きゆびだろうな~」と思われるのは

靴の選択、

靴の変形、

靴のサイズ感、

身体のゆがみ、

足音、

全体の姿勢、

バッグの持ち方、

そして、歩き方、

これらに、浮きゆび具合が現れていますよ。

 

ですから

●正常な足を知らないこと。

●正常な足になったことがないこと。

●正常な靴を履くことで履いた経験がないこと。

などが、靴文化が育まれていない日本に、

改めて

新しく

習慣形成する必要があると考え、地道に活動を続けております。

 

アシタスタイルは、治療院ではなく、靴屋でもありません。

アシタスタイルは教育機関です。

日本人が誰からも教えて貰わなかった足と靴の取り扱い方法を情報として発信しています。

アシタスタイルの足づくり初級講座では、浮きゆびを改善し、足を正常に戻す方法を教えています。

浮きゆびによって、足元の崩れから、腰痛や膝痛、肩こり、反り腰、猫背、などを、起こしているのは、

私たち人間の二足歩行を知ることから、根本的原因を紐解くことが可能です。

 

自分の足が、地球へ、どのように接地しているか、ご存知ですか?

まずは、自分の足の現状を知ることから始めてみませんか?

 

■浮きゆびを改善する方法はコチラ→足づくり初級講座

■どんなことをやっているのか知りたい方はコチラ→アシタスタイル入門セミナー

新宿御苑前駅 徒歩1分「足の悩みサヨウナラ」どこに行っても、何をやってもダメと諦めていた、足の悩みを解決します。きっと「出会えて良かった」と思える、新しい美容・健康法。明日をstyleする最先端のトータルフットケア

2018/07/18|