犯罪を無くすには

井手口です。

4:00に目が覚めました。

珍しく、ヒドイ頭痛がする。

 

悲しいニュースが続く。

 

え…なんだよ、これ。

 

新幹線で刃物?他人を殺す?

 

5歳の女の子を虐待?亡くなった?

 

何がどうなっているのか

もう意味がわかりません。

 

心が痛みます。

胸が苦しいです。

辛くて哀しすぎて涙が止まらない。

 

繰る日も繰る日も悲しいニュースが続く。

 

 

目を背けたくなるけれど
紛れもなく現実に
地球のどこかで起きていること。

 

たまたま私は
その場に居ないだけ。
その時に居合わせて居ないだけ。

 

事件の加害者は私たち自身だ。

 

そして、同時に
被害者も、私たち自身。

 

事件の当事者は

他でもない私たち。

 

 

自分自身が
加害者にも
被害者にも
ならないために必要なのは

人としての判断ができる「考える力」です。

相手の痛みを思いやれる「想像力」です。

 

考える力を育むには
他人任せにしないこと。

 

他人にやってもらうばかりでは
「自分で考えて判断する」
という力が培われません。

 

失敗をしないようにと
予め「転ばぬ先の杖」を用意していては
失敗を経験することはありません。

 

ケガをしないよう。

転ばないよう。

その結果が

痛みを経験しない人生をつくります。

 

 

自分のカラダを通じ
自分のココロで

ちゃんと「痛み」を感じるとる経験は

相手の痛みを想像できる力を付けることができる。

 

判断力は、選択力です。

他人ではなく自分で決める力です。

 

犯罪をなくすためには、大人が大人として自立できていることに他ならない。

 

幼い子どものときから
大人が子どもへ
自立できる力を付けさせることです。

 

 

親が子へ対して行うことは

もし明日、

私が居なくなったとしても

我が子は

自分の力で

生き延びる方法を身に付けているか?

 

 

人としての生き方は

感情と思考がある人間として

自立しているかどうかに尽きる。

 

食べ物を与えているだけでは、決して
食べ物を得られる方法を得ることは出来ない。

食べ物が無くなったら困るのは子どもです。

 

 

子どもが自分で考えずに
親が決めつける人生は
子どもの自立を妨げます。

 

小さな世界で他を知らないまま育ち

その思い込みだけで

自立できないまま大人になった子どもは

親へおこなっていたのと同じように、他人へ依存し

依存する人生は、依存したい他人にコントロールされる。

 

判断力の欠如は暴力を生む。

 

判断力のない人間は
思考も感情もなくした「獣」と同じ。

 

獣は

腹が空いたら他を襲い、傷付け
命を奪い、自分の命に変える。

 

しかし

獣たちが

他を襲い、

傷付け、

命を奪うのは、

空腹の時だけです。

 

 

空腹でもないのに

他を襲い

他を傷付け

食べもしないのに

自分の命に変えるわけでもないのに

命を奪うなんて、獣、以下。

 

自立できず

判断力を欠いた人間は、獣 以下。

いや、虫 以下。

いや、

命のルールを遵守している
獣や、虫と比較するのも

獣や虫に対して、失礼極まりありません。

 

 

便利を求めるばかりの暮らしは、
考えない世界を生みます。

失敗させない人生は、人をダメにする。

 

犯罪を無くすには

目の前に起こる

すべてのことを

他人事ではなく

自分の事だと受け止める

当事者意識を持つことです。

 

 

大切な我が子を犯罪者にしないためには

まず、親が自立することです。

自立した生き方を、行動で示し、背中で見せることです。

 

自立するには

自分がいかに狭くて小さな世界に居るかを知ることです。

やったことがないことにたくさんチャレンジをすることです。

そして、失敗することです。

失敗という経験を重ねることです。

失敗という痛みを知ることです。

 

相手を思いやれる心を培うことができれば犯罪は無くせる。

自分が傷つけられて痛いのなんて

誰でも嫌に決まっています。

痛みを知っている人間は、自分の経験を活かし、相手を傷付けることはありません。

 

誰だってみんな、責任なんて負いたくない。

誰かのせいにしていたいの。

 

けれど

 

誰かのせいにして生きる人生は

誰かが決めてくれて

誰かから言われる通りに従って

責任を負わなくて良くて

努力をしなくて良くて

そりゃあ楽だけど

その中で自分の意思は

これっぽっちも反映されません。

 

 

日本人よ。

自立しよう。

 

「私はこのように考えています」

しっかり意思表示ができる大人になろう。

 

 

スマホでゲームばっかりやってないで本を読みなさい。

家の中で一日中テレビにかじりついてないで外に出なさい。

流れてくる作られた情報で判断せず、自分の目で耳で、自分の身体で確かめなさい。

愚痴ばっかり言ってないで、その現状を変えるために行動しなさい。

うつ向いて下ばかり見ていないで、顔をあげて、目の前の人を見なさい。

現実をしっかり直視しなさい。

自分がどうしたいか、自分で決めなさい。

 

他人任せの人生から

自分で選び自分で創る人生に変えなさい。

 

自分が加害者にも被害者にもならないために。

 

 

さいごに。

私たちは誰もが、いつも罪を犯しています。

小さな罪も、大きな罪も、

罪は罪です。

自分にとっては思いもよらない何気ない言葉や行動が、他人様を無意識に傷付けていると知っておく必要がある。

 

 

自分の解釈での言動は、他人とは異なりますから

私の「善かれと思ったこと」が

相手の善かれではないことを

いつも忘れないように

心に留めておきたいと思っています。

 

新宿御苑前駅 徒歩1分「足の悩みサヨウナラ」どこに行っても、何をやってもダメと諦めていた、足の悩みを解決します。きっと「出会えて良かった」と思える、新しい美容・健康法。明日をstyleする最先端のトータルフットケア

2018/06/10|