2018年5月17日(木)を以ちまして「初めて体験会」を終了いたします

井手口です。

2018年5月17日(木)を以ちまして「初めて体験会」を終了いたします。

昨年9月よりスタートして8ヶ月、たくさんの方にご参加いただきました。

誠にありがとうございます。

少し長くなりますが、この度の終了に至る経緯を、綴らせてください。

 


 

アシタスタイルの入口は「足づくり初級講座」です。

技術革新により便利さを追い求め、歩かなくなった現代人の足は弱っています。

講座の中では、
・教育、習慣として根付いていない足と靴の取り扱い方法
・崩れてしまった足を正常にするためのノウハウ

を、お伝えするのですが

 

■「思考」を手に入れた人間の
地球で暮らす生き物としての自分の在り方を振り返る。

 

スキルの習得だけではなく

ヒトとして歩くことの

本当の意味に気づく

きっかけになるのが

アシタスタイルの講座の特徴です。

講座の価値は受講された皆様の声でご覧ください。→コチラ

ですが、

実際は「フットケアなのに、なぜ講座を受けなくちゃならないの??」と
講座の受講を迷われる方が多くいらっしゃることも事実です。

興味を持たれる多くの皆さんの共通点は
トラブルや不調を解決したくて、
これまでにもあらゆる方法を試してきていらっしゃること。

 

ですから、

すでにアシタスタイルで「気づく」きっかけを得たリピーターの皆様が、
身近な大切な方へ対して

「とにかく井手口さんの話を聞きに行って!」とお話されたとしても

過去の経験上、
何度もまやかしの情報に翻弄されて
疑心暗鬼になっておられるので
二の足を踏んだまま、
次の一歩がなかなか出せない。

 

「講座を受講したい。
けれど、果たして本当にその価値があるの?もう騙されるのはイヤ。真実が知りたい。」と迷っていらっしゃる方のために

「百聞は一『験』にしかず」で、体験会を開催する運びとなりました。

 

 

体験会は

スタッフあき子の企画発案でした。

 

 

「社長。アシタスタイルの情報が形になった靴とインソールを、ひとりでも多くの方へ試していただきたいです。」

「頭で理解できなくても、身体は正直ですから。」

「講座への申し込みを迷っている方へのきっかけづくりになれば。」

そうやってあき子は、

どのようなスタイルで体験会を開催するかを考え、他のスタッフも巻き込み、初めて体験会の形を作り上げていきました。

 

スタッフの想いがギュッと詰まった体験会は、おかげさまで、毎月、毎月、大好評でした。

「ずっと気になっていました。この機会を設けてくださりありがたいです!」

「○○さんがすごくいいよ!と教えてくれて、試しに来ました!」

そうやってお越しになられた方は、
初めて体験会がきっかけで、
「正常な靴」に触れ
「正常な足」に近づいた感覚で
自分の足に感動されて、

改めてご自身の足について振り返り、

足元の重要性に気が付き

その後、ご自分で納得されて、講座へ学びに来てくださいました。

「何をやってももうだめだ・・」
「私なんて・・」
諦めていたことは、
まだまだ諦めなくていいと分かり、たくさんの方が笑顔を取り戻されました。

 

アシタスタイルの「初めて体験会」は、誰も教えてくれなかった足と靴の真実に触れる瞬間です。

ずっと探していた答えはなかなか見つからず、『一体、何が正解なのか??』

長い間、闇の中をさ迷い、手探りで進んでいたところへ、一筋の光を、アシタスタイルに見い出だされる。

そんな風に

「きっかけ」を探していらっしゃる方へは、初めて体験会が、絶好のチャンスとなったわけです。

お客様だけでなく、私共にとっても、お客様が笑顔になられたときは、喜びの瞬間です。

 

 

しかし

同時に問題が生じました。

 

問題とは、リピーター様からのご紹介ではない、まだアシタスタイルをご存じない、一部の方の行動です。

たまたまネット検索や、Facebookで流れてきたり、で見つけられたのだと思います。

初めて体験会は無料で開催しておりますし、気軽にお申し込みをされるのでしょうね。

 

大変に困った事態は

次々と発生する

キャンセルです。

 

体験会とはいえど、私共の思いは
「限りある時間を割いてせっかく足を運んでくださる方へ、できる限り丁寧に対応させて頂きたい。」

混雑を避けるため、体験会も事前予約制にさせていただいておりました。

ところが、

当日キャンセルが

続出しました。

 

「キャンセルします」のお電話やメールをいただく場合は、当日であっても辛うじて許容できます。

 

しかし、

それだけに及ばす

キャンセルの

ご連絡すらいただけない。

申込みは入っているのに

ご来店されない。

 

つまり

無断キャンセル。

 

無断キャンセル。

ご想像頂けるでしょうか?

 

 

「今度、会おうね!」

予め、お互いに予定をすり合わせ

スケジュールを調整し

日時と場所を決定し

当日

待ち合わせの場所でずっと待っている。

待てど暮らせど

相手は来ない。

連絡もない。

 

 

世間ではこれを

すっぽかし

と言います。

 

この「すっぽかし」が実に多く、
スタッフも私も、毎回、残念な気持ちばかりに苛まれました。

 

ドタキャンや、無断キャンセル、すっぽかしのご予約枠は、その方が申し込みをなさらなければ、いらっしゃりたい他のお客様を受け入れることも出来たわけです。

 

 

すっぽかされたこと、ありますか?

 

どんな気持ちになりますか?

 

すっぽかされた相手の気持ちを、考えたことがありますか?

 

 

本当に、心が折れます。

がっかりしました。

裏切られました。

心がズタズタになります。

 

私がそうなのですから、運営するスタッフの気持ちは、もう、計り知れません。

彼女たちが事前準備にどれだけの時間をかけてきたかは、私が目の前で見ていますから。

 

予約申し込みはご自分が行った行為ですから、ご自分の行動には責任があります。

来られない際には、ご自分で断りの連絡を入れるのが筋というものです。

それが、大人です。

それが、社会人です。

 

義理。

人情。

思いやり。

 

日本人の当たり前は、もう当たり前でなくなってしまいましたね。

 

かつては、日本人の誰もがもれなく持っていたはずの道徳心。

 

私が祖母や母から習った当たり前のことができなくなっている人が、世の中に、こんなにもたくさんいらっしゃる。

 

このままでは

ほんとうに

日本は危うい。

 

そんな危機感を抱かずにはいられません。

 

最近、メディアでもしばしば報道されていますね。

大人数での飲食店のドタキャン問題。

予約しておいて、行けなくなった場合は、行けなくなりましたと連絡することが、どうしてできないのかしら?

いったい、なぜそのような行動になるのか?私には、まったく理解ができませんし、意味が分かりませんが

相手の立場に立って考える、思いやれるような想像力が持てれば、決して起こるはずのない、もはや事件です。

 

 

自分の利益だけを考えるのでしょうか?

自分の都合さえ良ければいいのでしょうか?

自分の言動に責任を持たないのでしょうか?

 

 

 

あ・・・

忘れてた。

面倒くさいなー。

まあ、いっか。

無料だしね。

どーせお金払ってないし。

損しないし。

すっぽかしちゃえ!

 

そんな感じなんでしょうね。

 

性格とか、人がらとか、教養とか、

その前に

人としてどうなのでしょう?

 

 

キャンセルは、

事業を行う側にとって、死活問題です。

 

需要と供給は、つねにバランスによって成り立っています。

必要とされることと、提供できること。

仕事は

「私がお役に立てることはありませんか?」の対価交換によって成り立ちます。

 

アシタスタイルでは、

お客様ファーストですが

お客様が絶対ではありません。

 

無断キャンセルされる方を

お客様とはお呼びしません。

 

 

お客様となられても

道理に反するような行動をなさる場合は、注意させていただきますし

理不尽なことを申されたり
無理難題を出された場合
できないことはできませんと、はっきり申し上げます。

 

誰にでも同じように与えられている24時間ですから、私共も、活きた時間としていきたいのです。

アシタスタイルを心から必要とするお客様の為に、時間は、消費ではなく未来への投資にしていきたいです。

 

私たちもお客様と同じ人間ですし、心があります。

 

 

不毛なやり取り、時間の浪費は、これ以上、行いたくはありませんし

アシタスタイルをずっと応援してくださるお客様の皆様は、きっと、今、こうして私が発信するメッセージを読んでくださりながら「うん。うん。」と頷きながら、ご理解いただけていることと存じます。

そうやって、お客様との信頼関係を築かせて頂きましたし

今後もこれまで通り、誠実に愛してくださるお客様、おひとり、おひとりへ、誠実に対応させて頂きたいです。

 

アシタスタイルを必要とするお客様へ、

命の時間を使いたいです。

 

お客様が望まれるのと同じように、私共も同じで

大切な方との関わり合いも、お客様との関わり方も同じなのです。

心地よいところで関わり合いたいと思っています。

 

……

 

最後に、

 

歩くことは生きること。

ヒトとして、地球上の動物として生きることの本当の意味に気づくきっかけになるのが、アシタスタイルの講座の特徴です。

講座の価値は受講された皆様の声でご覧ください。→コチラ

 

予約をすっぽかしても平気な人、

人としての道徳心が欠ける人、

判断ができなくなっている人、

情報に翻弄されフワフワと地に足の着いていない人、

そんな

足元がグラグラの人の足、をしっかりと地に着けさせる。

 

姿勢良く、

ちゃーんと歩けるようにすること。

 

文字通り

「人生の足場を整える」

を行っています。

 

躾としての足元教育を通して、人の優しさと真心を取り戻すことが、アシタスタイルの活動です。

 

人として、やっちゃダメなことは、ダメだと、ハッキリ伝えることも、私の仕事のひとつだと考えております。

嘘をつかず、正直に生きることは、アシタスタイル®️メソッドの真髄です。

 

アシタスタイルのスタッフは、仕事が楽しいと言ってくれます。
私も好きなことを仕事にできて、彼女たちの幸せを叶えられて幸せです。

 

会社とは、お客様のためにあるのでしょうか?

社会貢献のためでしょうか?

 

もちろんそれらも目的ではありますが、

まずは私自身が幸せのために、自分を心地よい環境に置いて仕事をしていきたいです。

何よりもスタッフを大切にしたいです。

スタッフの苦しみや悩みは、出来る限り払拭したいです。

スタッフには「仕事が楽しい!」と笑顔でいて欲しいです。

チーム・アシタスタイルという家族を大切にしたいです。

伝える私ちが幸せを感じていないのに、お客様へ対して、幸せな未来へ向かう歩き方の提案など、出来るわけがありませんから。

 

自分が笑顔で幸せで、一番大切なことを優先第一位に。

私も、スタッフも、自分の幸せのために、正直に生きます。

 

キャンセルする前提で

とりあえず予約する

心ない人の

無責任な行動によって

多大な迷惑や損害を

被る事実。

弊社だけではなく

事業を経営、運営する側は

常に抱える死活問題です。

 

社会全体の問題に対して、この度一石を投じたく、私の考え方を記事として綴りました。

ご共感いただければ、こちらの記事、シェアをお願いいたします。

「手っ取り早く」
「これさえあれば」
「誰でもすぐに簡単に♪」

そんな時代は、もう終わりです。

大量生産、大量消費、大量廃棄・・・手軽に、安価に、は、棄てるものを増やし続けるだけです。

地球上にゴミを増やし続けるだけです。

便利を追求した結果が、この有様です。

丁寧に、誠実に暮らすには、

「足るを知る。」

つまり、「足」を知ることです。

 

長文となりましたが

以上の理由で、

来る 2018年5月17日(木)を以ちまして「初めて体験会」を、終了といたします。

 

6月以降は、アシタスタイルの活動をご紹介する新しい形を始めるため、準備中ですので、詳細が決まりましたら発表いたしますね。

 

この度の経験は、良い学びとなりました。

 

お客様、関係者の皆様。
いつもご愛顧を賜り心より感謝いたしております。

お客様からの
「待ってました!」
「こういうのが欲しかったんです!」
喜んでくださるお声やお顔を想像しながら、これからもスタッフ一同日々精進いたして参ります。

キャンセルされない魅力ある企業に育てて行きたく存じます。

そのための企業努力は、決して惜しみません。

今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

ASHITA・STYLE株式会社

代表取締役 井手口雅恵

 

新宿御苑前駅 徒歩1分「足の悩みサヨウナラ」どこに行っても、何をやってもダメと諦めていた、足の悩みを解決します。きっと「出会えて良かった」と思える、新しい美容・健康法。明日をstyleする最先端のトータルフットケア

2018/04/26|