NHK「人体」骨が作り出す最高の若返り物質」を観て思うこと

井手口です。

ご覧になりましたか?

2018/1/7、 NHK BS1 スペシャル「人体」。

「骨が作り出す最高の若返り物質」

http://www.nhk.or.jp/kenko/jintai/

以下、

番組を紹介するコラムより抜粋

https://www.nhk.or.jp/kenko/special/jintai/sp_5.html

骨なんて、単に体を支える棒っきれだと思っていませんか?

ところが、骨の中にはたくさんの細胞がうごめき、なんと体全体の“臓器を若くする”ための「特別な物質」を出していることが、最新の研究でわかってきました。

中略

骨粗鬆症は、閉経した女性や、お年寄りだけの問題ではありません。

などなど

 

普段からアシタスタイルでお伝えしている、

立つ。

歩く。

走る。

跳ねる。

ことの重要性を裏付ける研究データ満載の番組でした。

足からの衝撃によって骨細胞は刺激され
メッセージ物質により骨を強くするのです。

骨は、骨自身が、骨を強くしたり、弱くしています。

骨は、脳の海馬が司る記憶力にも影響を及ぼしているという決して無視できない内容でした。

自転車競技の選手の骨が、もろく、弱くなっていく事例も興味深かったです。

 

つまり、私たちは

若々しく元気でいたければ
一生自分の足で歩き続けなければなりません。

こればかりは、どんなに裕福で、たくさんのお金があっても、自分の代行は、いませんよね。

便利さを追求し、歩かない選択をすればするほど、自らの健康を害します。

 

歩行時に、痛みや、支障がある方は、歩くことそのものが苦痛になりますから、ご相談くださいね。

アシタスタイルの得意分野です>>コチラの記事「10年来の膝の痛みがその場で消滅」

 

痛みの原因はすでに明らかです。

足元からアライメントを整える=骨の配列を正すことで、関節に必要以上の負担が掛かることはありませんから。

 

 

当たり前に、足を正常に、骨を正常に。

家やマンションやビルを建てるときと同じ。

身体の柱である骨を立てるために、足という基礎を、正しく構築すれば良いだけです。

二足歩行を行う動物としての肉体が持つ機能を果たすだけ。

 

歩くことは決して疲れることではありません。

あなたが、歩いて疲れるのならば、それは、合わない靴が、ゆるく履いている靴が、あなたの歩行を妨げています。

なぜ歩くと疲れるのか?の理由は明確です>>コチラの「足づくり初級講座」へご参加ください

 

アシタスタイルには、疲労することなく、ずっと歩き続けられる方法があります。

しかも、その歩き方は

楽しく、心地よく、身体の形も、美しく、整える方法です。

アシタスタイルでは、正常二足歩行の為の「知識」と「技術」を伝えています。

 

 

NHK 特集 「人体」。http://www.nhk.or.jp/kenko/jintai/

流石のNHK。

人体の美しさ、素晴らしさに感動しました。

ナビゲーターの山中先生がスマートで惚れ惚れいたしました。

自分の足で立つこと、歩くこと、走ることの大切さに、一人でも多くの人が気が付くといいな、と思いながら番組を拝見しました。

 

以前に

外反母趾と認知症の関係についての記事を書きましたが、足そのもの、歩行そのものが、人の記憶力に大きな影響を及ぼすようです。

私の今後の活動にもさらに本腰を入れます。

足を正しく使えること、正常に歩行を行うことの重要性を広めて行きます。

足を整えることの重要性を伝えるよりも、先に行う必要があるのは

私が発信している内容について他人事だと思っている人にも、もれなく必要な情報であるということに、気が付いてもらうことだなあと感じています。

あなたの身体、まだまだそんなものじゃありませんから^^

「足に問題がある」と、気が付けた人は、むしろラッキー☆

足そのものをケアすることで、健康への最短距離を選択できるから。

 

 

新宿御苑前駅 徒歩1分「足の悩みサヨウナラ」どこに行っても、何をやってもダメと諦めていた、足の悩みを解決します。きっと「出会えて良かった」と思える、新しい美容・健康法。明日をstyleする最先端のトータルフットケア

2018/01/07|