おはようございます。
井手口雅恵です。

2016年5月12日
ASHITA・STYLE 株式会社
代表取締役になりました。

社長になりました。

image

今日は
私が社長になった経緯をお話します。

私には壮大な夢があってね
その夢は
アシタスタイルの理念でもあります。

◎足で創る未来。

◎すべての女性が美しくなれば
地球は平和になる。

◎地球上に笑顔の花を咲かせたい。

◎靴の発展途上国日本における
足元教育確立への尽力!

来る日も
来る日も
その事ばかり考えています。

ヒトが
自然に
笑顔になるには

いつも【幸福感】で満たされている必要がある。

心の底から笑ってる笑顔。

幸せで幸せで堪らないっ♪

見ているだけで
つい
顔が緩んでしまう。

コチラまで笑顔になってしまうような笑顔。

幼い子や
赤ちゃんみたいな笑顔ね。

笑顔でいるための絶対条件が
【健康】です。

健康を掴むための
アシタスタイル・メソッド。

健康な肉体があってこそ。

身体に不具合がないこと。

身体に痛みがないこと。

少しでも不調があると
私たちヒトは
肉体に意識を持っていかれちゃうから。

今の私が健康でいられるのは

心を病むほどの不健康を体験したからです。

あの頃の自分には戻りたくない。

毎日、どこかが調子悪くて
身体が絶好調な日は1日もなかった。

と、今の私が話しても
誰も信じてはくれませんが(笑)

私を訪ねてきてくださる方の
ほとんどの「痛みや不調」を
私自身が経験したことだから
必ず言って差し上げられる。

大丈夫ですよ。

手放せます。

私が教えます。

そう、断言できる。
私が35年かけて見つけた方法だから。

アシタスタイル・メソッド

日本中が病んでいる。

痛みに苦しみ
心を病み

そんな身体からは

優しさも、思いやりも、生まれはしない。

ゆとりが無さすぎるのです。

心に。

そして、日々の生活に。

私が健康で
笑顔で過ごせるようになった方法を

ニセモノじゃない
ほんとうの健康法を伝えたい。

私に会いに来てくださった初めましての時
眉間にシワを寄せ
疑心暗鬼になっていたあなたが

背中を丸めて
うつ向いていたあなたが

「雅恵さん、
生まれてきてくれてありがとう」

瞳をキラキラとさせて
時には涙を流しながら
笑顔で、
全身全霊で伝えてくれる愛を
広めていきたいと

心の底から、思ったのです。

(ひとりでは広められない。)

手伝ってくれる人が
たくさんたくさん必要です。

私が、私にしか出来ないことに尽力するためには
私じゃなくても出来ることを
他人へお願いしなくてはならない。

アウトソースすればよいのだ。

「そうだ。他力を使わせていただこう」

組織にしていこうと決めたのが
2014年、夏。

自分ひとりでやっていると
正直なところ、楽です。

全てを自分が把握できるから。

自分がやっていたことを
他人へ任せるのは
想像以上に大変な事でした。

なにせ
やったことがない。

その頃もそうだし、今も、そう。

やったことないことばかり。

今後も
初めて尽くしの毎日が
きっと、ずっと続くのだと思います。

組織にしようと行動を始めても
そう簡単には行かず
お客様、スタッフに支えられ
日々の業務をどうにかこうにか
何とかこなしていく毎日。

経費も徐々に膨らんで行きました。

個人で行っていた頃から
お世話になっていた税理士さんより
法人化の可能性のお話など
提案されるようになりました。

事業を
個人で行う範囲と
法人化した場合の
メリット、デメリットなど教えて頂き

スタッフの採用、事業の未来を見据えた上で
私個人の活動を越えた
組織でのビジョンが
リアルにイメージ出来ました。

◆私が法人化を決断した
1つ目の理由は
広めたいから。

アシタスタイル・メソッドは
知れば一生ものの知識です。

古から伝えられてきたこと。
シンプルで正しいこと。

誰もが手に入れることができること。

努力も必要なくて
頑張らなくてもよくて

それだけでOK。

世の中の健康法のほとんどが要らなくなる。

医療費が削減できる。
寝たきりの人を減らせる。
介護し、介護される人生を止める。

そして究極は
自分を愛せるようになるメソッドであること。

知ってくださった方が
「二足歩行の全人類が知るべき」
そう、言ってくださるメソッド。

このままでは、ヒトがダメになる。
日本の国力が下がる。
子どもたちへ希望ある未来を残したい。

だから
アシタスタイル・メソッドを
広めたいのです。

◆私が法人化を決断した
2つ目の理由は
社会的信用です。

会社を創るという社会的責任を
負う立場を自ら選んだ人。

として、見られる。

一つとってみても
会社の通帳作成するだけでも
なかなかの審査がありますしね。

単純に述べると
会社とは、利益を生み出す組織です。

ですから
業績を上げ続ける必要があります。

お金を生み出さなければならないの。

夢を叶えるためです。
大きなお金を動かすためです。

発展成長させ続ける方法を生み
そうせざるを得ない状況へ
自分で追い込んだのです。

◆私が法人化を決断した
3つ目の理由は
私の夢を叶えるため。

私の壮大な夢は
到底ひとりでは実現できない。

夢を叶えるためには
たくさんの人の力が必要で
そのためには
たくさんのお金が必要だから。

だから、稼ぎたいのです。

稼いだ分のお金を使って
次の規模へと投資し拡大したいのです。

利益が上がったら
またその分をアウトソースし

私よりも能力の高い人へ
対価をお支払し
効率よく
高いクオリティーをもって
やっていただきたいのです。

優秀な人材を育成したいからです。

採用したスタッフが
私にはないアイデアや知恵を
たくさん提案してくれて
より良いサービスと商品を提供したいからです。

そうやって生まれる
素晴らしいサービスや商品を
さらに広めていきたいからです。

アシタスタイルを愛してくださる方々から頂いたお金を
アシタスタイルを愛してくださる方々へお渡しして
次のアシタスタイルを愛してくださる方々へと繋げていく。

アシタスタイルから生まれたお金を
別のものに変えて
循環をさせていきたいのです。

愛の循環サイクルを創りたい。

◆私が法人化を決断した
4つ目の理由は
新しいカタチを創る。

働き方の新しい形。
学び方の新しい形。
生き方の新しい形。

「優秀な人は、主婦の中にいる。」

結婚、出産、育児で
家の中に居なくてはならない女性たちの状況を変えたい。

多くの雇用を産み出したい。

働き方の仕組みを変えたい。

社会から取り残されたような思いで
育児をしているとか
孤立感とか

職場復帰のための保育園争奪戦など
おかしいのです。

子どもは、宝物ですよ。

子どもは、未来を担う希望です。

「小さい子が居るから…」と
子どもが理由で諦めるなんておかしいですよ。
みんなで育てれば良いじゃないですか。

日本の男女比で言うなら
女性の方が多いのですから
働き手も男性と同数が正常。
女性が半数であることが当たり前。

職場には託児所があるのが普通。

電車の中で子どもが泣いてたら
みんなであやす。

寝てないママが居たら、しばし代わりに抱っこしておいてあげようよ。

通勤電車でグッタリしている
お父さんたちの働き方を変えたい。

ただでさえ
コミュニケーションが苦手な人種。

誰も気づかず
声もかけず
黙っていたら
命を削ってまで働き続けるの、男性たちは。

男性へお休みを。

どんなに年齢を重ねても
少年の心を持つ男性から「遊び」を
奪わずに過ごさせてあげたい。

こんなにたくさんの人が居るのに
孤独死する人がいるなんてあり得ない。

声を掛け合える暮らし。
その人がそこに存在していること。
生きていること。

人はすべて
存在する意味があることを知る世界。

敵なんていない。

敵などという概念すら存在しない
戦わない世界を創りたい。

他にも、たくさん叶えたい事がある。

性別を越えて
年齢を越えて

1つの「個」としての存在価値を

決められた判断基準ではなく

それぞれの有能な部分を活かして

弱点や苦手は
それが得意な人がフォローし
カバーしてあげられる

優しくて思いやりのある日本にしたい。

働き方の新しい形。
学び方の新しい形。
生き方の新しい形。

でもね
これらは決して新しいカタチではなく
古くから
日本にはずっとあったはずのカタチなの。

アシタスタイル・メソッドとの共通点。

誰の中にもすでにあって
そうあってほしいと
皆が心から望むカタチ。

ひとりでも多く

ほんとうの健康を取り戻してほしい。

あなたが笑顔でいることで
あなたを見る人が
どれだけ笑顔になれることか。

独り占めしない真の豊かさを

みんなで分かち合う喜びを

共に
この時代に生まれた幸せを

共感したい。

互いに尊重し

讃え合いたいです。

独りで叶えるのは
ゼッタイに無理!!(笑)

ですから

どうかどうか
あなたの力を貸してください!

これが、社長になった訳。
お付き合いくださりありがとう。

いつもご訪問くださり
ありがとうございます。

愛を込めて。井手口雅恵。

– – – –

足が良くなれば、身体が良くなる
心が良くなり、人生が良くなる

時代をリードするアシタスタイルの
メールマガジン明日Style通信
ご購読は

コチラ

直ぐに満席になる1day講座スケジュールも、メルマガで優先配信されます。