井手口です。

ご愛顧くださるお客様には
いつもお世話になり、ありがとうございます。

本日は、改めまして

講師業の再開をお知らせいたします。

やっぱり、私、講師をやりたいです。

 

これからお伝えすることは、半年前からずっと、
来る日も、来る日も、考えていたことです。

私が本当にやりたいことはなんだろう?

私にしか、できないことは何だろう?

答えが出ました。

少し長くなりますが、お付き合いください。

 

….

 

アシタスタイル®️は
もともと、30年来の私の悩みをいとも簡単に根本解決したことで誕生

シェアすることでの、私個人の自己表現から始まり
次第に、自己実現の形へと変化し
そのために用いた方法が、お客様に求められ、徐々に広がりました。

アシタスタイル®️を知ってくださった方が、大切な方へと
情報を伝達してくださって、気が付いたらいつの間にか、行列ができていました。

もしかしたら

あのまま、サロンとして有り続け、
お客様とマンツーマンでの対応だけを続けても、良かったのかも知れません。

ですが、その方法は、恐らくその後も
お客様へお伝えする言葉、行動は、大きくは変わることはありません。

あるときから
私は、チャレンジしてみたいと考えるようになりました。

考えたことは
「起業した後の自分について。」です。

起業は、起業だけに留まらず
その起こした業を継続させることが事業です。

起業は、簡単に、誰でもできること。

起こすだけですからね。

起こした後に、続けてこそが事業であり
起業した責任を自分で果たすことだと考えています。

起業後の事業=つまりビジネスにおいて
最も重要なことは「継続」です。

継続するには、知っていただく必要がある。

痛みや不調に苦しむ、よりたくさんの方へ、簡単に健康になれる方法があることを伝えたい。

だから

マンツーマンのカウンセリングで、どなたにも共通してお伝えしていた内容を、講座の形へまとめ、最初に伝える方法へ、変更していったのです。

 

起業し、法人化し、私自身の体験として

初めて分かることが
多く、多く、ありました。

創業○○○年、
老舗、
ブランド、etc.
事業を永続的にわたり引き継ぎ、継続させてきた方々が成してきた結果は

いつも

計り知れない「偉業」であるということ。

さらに、学んでいくうちに、さまざまな経営者と出会いました。

挫折や、倒産の危機、

また、創業者から引き継いだ二代目、三代目社長がもれなく経験する苦悩など、初めて触れるものばかりでした。

ですが、必ず存在するのは、形が違えども、【情熱】でした。

思いがあるからこその葛藤。

生じる、疑問。

揺らぎ、惑い。

裏切り、背信。

変化、勇気、革新、決意。

そして、覚悟。

決断。

実行。

切り開き創る人、それを継ぐ者、関わる人たちの想いに触れ
それらを通してビジネスを知れば知るほど
創業者の努力と研鑽と、そこに秘められた想いは、まるで
自分のことのように
痛いほどに感じるようになりました。

ビジネスの当然は

創業者である私が作った商品を、私が最も愛し
それを、私が毎日使用していること。

例えば

アイデアが湧き
新しいメニューを思いつき、作り上げ、検証しながらいつも考えるのは
それを手にしたお客様の願望をたちまちに叶えてしまって
歓声をあげる様子が目に浮かび、ニヤニヤしてしまうような
確実に自信がみなぎる商品。

その紹介文を書きながら、つい
「ヤバい!これ、いま直ぐ、私が欲しい!!」
むちゃくちゃカッコ良くて、鳥肌が立ち、震えるような欲望を掻き立てる。
そんな商品だったり。

変な話ですが
自分で告知文を練りながら、商品に感動して、泣きながら書くこともしばしばです。

告知とは
そこへ至るまでに繰り返した、数限りないトライ&エラーの集大成を、綴る行為ですから
経験を振り返りながら、感じます。

(あんなことやってきたなぁ~)
(はぁ…諦めないで良かった…)

(ようやく陽の目が見られるね。)

そうやって、商品へ言葉をかける。

商品が完成するまでに経験してきたさまざまな出来事が

その商品の中に詰まっていて

私の記憶のアルバムを一枚ずつめくり返す作業な訳です。

 

私が提供する商品は
私が愛して止まない商品であることが、絶対条件。

アシタスタイルの商品は
これまでもずっとそうやって
私の体験に基づき、作られてきました。

 

加えて
絶対に欠かせないことは

その商品によって、お客様が望む結果を

「間違いなく」
「必ず」
「もれなく」
「全員へ」
「確実に」
「同様に」
「安全に」
提供すること。

従って
良い商品であるのは当たり前。

お客様に満足していただけるのは当然なことなのです。

私が追及したいのは
さらに、その先にある
「知覚を越える感動体験」。

お客様の中に「驚き」と「感動」が生まれたとき、初めて【顧客満足度】が上がる。

私はそう、考えております。

多くの人が、ディズニーランドへ足を運びます。
大好きなアーティストのライヴへ足を運びます。
販売するのはチケットですが
そのチケットの先にあるものは、願望や望みを叶えること。
そこでしか味わえない一度っきりの驚き。飛びっきりの感動体験なんです。

本の中には、知覚外の世界が、無限に広がっています。
自分の人生を大きく変えるような良質な情報であれば
たった一冊の340円の単行本でも、1億円以上の価値を生みます。

ASHITA・STYLE株式会社へと法人化をして1年。
「さあ、これからチームとして素晴らしい商品を、
多くの皆様に知っていただく為に進んで行きましょう!」

そんな矢先でした。

2017年5月、立ち上がれないほどの急なめまいを起こし、突発性難聴を診断され
休養を余儀なくされました。→ その時の記事はコチラ

私の身体的負担を減らそうと
アシタスタイル®️のシステムそのものを変更する決断を下しました。

私が提供してきた講座などは、スタッフが担当するべく
トレーニングを重ねて、彼女たちも、必死でチャレンジをして参りました。

しかしながら、現時点までに
私自身が納得し、心から満足し、感動を得られる商品へと育てることはできませんでした。

これらは、すべて、
私自身の未熟さから生じた結果です。

「教える」ことはできても
「育てる」ことは、
容易く行えることではないことを痛感いたしました。

アシタスタイル®️が教える先にあるものは
単にスキルとして教えるだけで留まらないものだからです。

教示は、教えられる受け手、相手があってのこと。

また、さらに、
相手の理解度、習得度、熟成度、その後の再現性
ともなると
相当に難しく、相当に時間を要することでした。

引き継ぐには、もっともっと、時間をかける必要があると判断をしました。

良い商品を
対価交換として
お客様に手にして頂くことは、多分、誰でもできます。

今すぐにでも、可能です。

なぜならば
アシタスタイル®️のその商品は、すでに良い商品だからです。

しかし、私が追及し続け、決して止むことのない
・美しさ
・幸せ
・喜び は、
その先にある「知覚を越える感動体験」。

感動体験は、お客様ご自身が自分の中に見出し、
ご自身の経験の中から
ご自身で引き出していただいてこそ、意味があるものだからです。

形のない「アシタスタイル®️メソッド」という
私が産み、私が育て、愛してきた商品は
私以上に愛してくださる方が現れたら、その時が
私の手元から離すときなのだなと感じています。

アシタスタイル®️メソッドは、私の子ども。

娘を嫁に出すときの、父親の心境ってこんな感じなのかも知れませんね。

大切に守り、自分以上に愛情を注いで育ててきた娘を
父親である私以上に愛してくれる相手が現れたとき、娘の手を離すのでしょう。

アシタスタイル®️メソッドを
アシタスタイル®️ブランドとして、お客様へ提供する際に
・幅広じゃない日本人の足。
・時代の変化に応じた情報の修正。
・日本に育まれていない足元教育の確立。
・NEW JAPAN MADEの靴。
・正しい靴の文化。

 

これらを、講座を通し、情報として伝えることは欠かせません。

つまり、講座を通じての感動体験は必要条件。

 

「講師を卒業します」と宣言をしましたが、申し訳ありません。

井手口、まだ当分、講師を続けます。

続けたいです。

続けさせてください。

ただし

これまでのような使命感や義務感、「正義を振りかざして」ではなくて

私が心地よいところを探しながらやっていきます。

 

アシタスタイル®️が取り扱う靴も、インソールも
「モノ」はすべて、「手段」でしかありません。

アシタスタイル®メソッドも、それをお伝えする講座も「手段」でしかありません。

アシタスタイル®️の「目的」は、笑顔と明るい未来づくりです。

生きていくうえで、健康な身体は、欠かせません。

足を正常に保ち、歩き続けられる肉体を自分でつくる。

老いの不安をなくす。
医療費削減。
健康増進。
エイジングケア。

次世代へ明るい未来を残すこと。

誰もが望むこと。

「健康で長生きしたい。」
「毎日を笑顔で幸せに暮らしたい。」

あなたの願いを叶えるためにアシタスタイルは存在します。

情報の海の中から、真理を見出すことはますます困難になって参ります。

だからこそ、「自分力」が試される。

だからこそ。

「自分のことは自分で。」

情報サバイバル時代へと、
ますますの便利へと変化していく中での
「考える」力、「想像力」が、問われるときです。

 

「足」は、とても、深いです。

足を知ることは「足るを知る」こと。

私たちは、すでに、充分に足りています。

当たり前のことを、当たり前に。

元へ、戻すだけ、なんです。

 

私には、私の人生を根本から覆し、最も幸せになる近道である真実を疑う余地がありません。
ですから、アシタスタイル®️メソッドが、世界中へ広まることを信じて疑いません。

そのためには、私自身が、私を存分に満たすこと。

私の根っ子を存分に伸ばし、枝を伸ばし、

強い風が吹いても、決して倒れず
折れることがなく

しなやかに
たおやかに

竹のようにいつも、静かに、佇んでいたいです。

もちろん、スタッフを育てていくこと
そして、アシタスタイル®アカデミーでの人材育成は、今後も継続していきます。
優秀な人材の育成こそが、文頭に述べた、起業から事業へと発展させていくうえで欠かせない
最も時間を費やすべきことであり、継続する企業の根っこになるもの。

創業者の志。

企業の理念」、そして未来のビジョンです。

裏を返せば、私が継続し続けるということは
まだアシタスタイル®へ出会ってくださっていないあなたとのギャップがどんどん生じていくということでもあるから

伝え続けながら、進みながら

先頭に立ち、切り開きながらも、常に、原点に立ち返り、初心を忘れずにいたいと思う。

時代は常に移り変わって参ります。

何が必要で、何が真実か?
私たちは、何によって、惑うのか?

足のことだけに留まらないからこそ
真理を掴むために欠かせないのがアシタスタイル®メソッドです。

アシタスタイル®創始者として

ASHITA・STYLE株式会社創業者として

社員を守る社長として

社会貢献する立場を取った者の責任を果たすこと。

新時代を創っていく革命家としての看板を掲げ
活動していくこと。

社会を創る一人格として。

日本人として。

地球に住まわせていただいている、一動物として。

「私にしかできないことは何か?」

「私が本当にやりたいことは何か?」

これからも、私はどうしたいのか?を問います。

やらねばならないのではなく、やりたいことを選択し続けます。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、座ってる(複数の人)

昨日、一昨日は、アシタスタイル®アカデミの講義でした。

記録用に撮影していただいている写真の中には、終始笑顔の私が居ました。

こうやって、綴らなくても、すでに答えはありました。

 

「アシタスタイル®メソッドを伝えることが、何より楽しいから

私自身の幸せのために発信したい。」

楽しくて、楽しくて。

喜びとワクワクが止まらないから。

私の話を聴いてくださった方、全員が、もれなく笑顔になることだから。

それこそが、私自身が笑顔になれることだから。

そのために、講師の立場を続けることを
ここに改めて宣言し、決意表明といたします。

 

アシタスタイル®を通しての私の歩みはまだ始まったばかりです。

ファンの皆様。
いつも見守ってくださり
会いに来てくださり
行動してくださり
お力添えを賜り、

有難く
心より深く深く感謝を申し上げます。

今後ともどうぞ、宜しくお願い申し上げます。

これからも、私が笑顔でいられる場所を選択し続けます。

アシタスタイル®️の事業は

健全な人類の歩みそのものです。

私が起業した目的は、

皆が健康な身体で、日々を笑顔で暮らして欲しいなと思ったからに他なりません。

だから

そのための唯一無二の方法である、アシタスタイル®️メソッドを、

私の命がある限り、あらゆる手段を用いて伝え続けたいです。

最後までお読みくださりありがとうございます。

アシタスタイル®️井手口雅恵

 

驚きの連続!感動の3時間!初級講座は→コチラ!