ワタシの足にご注目ください。

左右の違い、わかりますか?

      

右が足だけ入れた状態で

左がシルクの薄い靴下を履いた上に、アシタスタイルのインソール入りの足袋を履いた状態です。

まあ当たり前なんだけど、甲が余ってません。

 

素足で履くとまあスカスカです。

スカスカのままで歩くと結構疲れます(笑)

勿論、細幅の足袋とかオーダーメイドの足袋とかがあることは知ってます。

…が!

足袋って消耗品なんですよねー。

あまりお高いのはワタシの懐的にキビシイです。

ちなみにこの足袋は1000円以外です。
オマケに、アシタスタイルメソッドが家の中で実践できるという!

一粒で二度美味しいとはこの事か?と最初に聞いた時は驚愕でした。

更に緩い冷えとりまで実践できて足が冷えやすいワタシにとっては大変助かります。

インソール作成するのに、エエ値段(笑)するけど、その価値はあると思ってます。

あー、足ぬくくて幸せ♪

——————

足袋専用インソールのご依頼をいただき、ご提供後に、facebookで、比較写真と共にご感想をお寄せくださいました。

さち子さま。ありがとうございます!

 

足袋用のインソールを作成する際、型紙をおこします。

事前打ち合わせて、どのような足袋をお召しになられているのかを、ヒアリングさせていただきます。

さち子さんの場合

「普段履いている足袋だと、甲がスカスカだから別の足袋にした方が良いですか?

でも、足に合うように足袋を選ぶと、タイトな足袋は、こはぜが止まらなかったり、かかとがキツかったりするから…」

といった質問がございました。

ですから、むしろ、普段履いている足袋をお持ちください、とお伝えしました。

足本来の、正常な骨格の形であれば、足袋の甲がスカスカになることはなく、さち子さんが感じているスカスカこそが、アーチの崩れだからです。

骨格を正常に誘導するために、インソールを用いるにあたっては、近頃流行りの「ストレッチ足袋」では、骨格誘導効果が発揮されません。

当たり前に綿や麻を使用した一般的な足袋をオススメしております。

当たり前のことが、当たり前になれば

不具合は、なくなります。

 

足底にアーチが形成されれば、
足の冷えはなくなります。

 

さち子さんの足づくりが進み、同じ形の足袋でインソール無しでも甲がスカスカにならなくなるときが、正常アーチ形成のバロメーターですね。

つまり、アーチ形成には、着物で暮らしだ時代の昔の人と同じくらい、歩かなくてはならないということです。

逆に甲が高くて足袋がキツい…といった方の場合は、アーチが高くなりすぎている「ハイアーチ(凹足)」傾向の場合もございます。

アーチは

低すぎても  高すぎても  よろしくない。

ご自分の正常アーチは、その人によって差があります。

【アーチ高】に注目し、開発されたのが

骨盤誘導「3Dインソール」です。

さち子さま。

足袋専用インソール

ご依頼、ご購入いただき、ご感想お寄せくださりありがとうございます。           井手口