井手口雅恵です。
昨日 海老原と一緒に 北海道入りしました。

今朝は 千歳で、ブログを書いています。

今日は、価値の捉え方について。

人は、生きる上でさまざまな「モノ」を購入しますね。

必要な 商品へ、対価を支払います。

物の値段は、価値によって決まり、

「安い」「高い」は、本人の価値観によって決まります。

自宅近くのスペインバルは、コスパ(コストパフォーマンス=費用対効果) 高くて つい通っちゃいます♪

突然ですが

あなたは、なぜ、靴を履いているのですか?

   「なぜ靴を履くのか?」と聞かれて

何と答えますか?

私は、靴を履く意味があって靴を履いているのですけれど

靴を履く意味を考えたことがある人は、どれくらいいらっしゃるのだろう??と

ふと、思ったのです。

多くの人は、

無意識に履いているのではないでしょうか?

また

「履かなくちゃいけないもの」になっているのではないでしょうか?

なぜ、靴を履いているのですか?

◆足が汚れるから?

◆ファッションのため?

◆みんながそうしているから?

なぜ靴を履きますか?と聞かれて

「そう言われてみれば、考えたことがなかった…」

靴を履く意味を考えたことがない方も多いのではないでしょうか?

靴は、身体を支えるために履くものです。

骨格という身体の幹を、支えるためです。

従って

構造の優れた靴は、身体を骨として支えます。

構造のヨロシクナイ靴は、身体の幹としての骨を支えられず、崩します。

靴の選択は、

あなたがあなたの身体を

「自分で支えるか?」

「自ら崩壊させるのか?」

2つにひとつ。

 

  靴選びは、靴を履いて歩くなら、

立つために、歩くために、

最重要アイテム。

例えば

アシタスタイルで取り扱っている&Steadyスニーカーの定番は、販売価格が 28000円ですから
3足購入したら、

28000円 ×3足= 84000円。

革靴として革の回復を待ちながら、靴を長持ちさせるためにローテーションしながら
代わり番こに一年、3足を履き続けたら

1日あたり 230円。

つまり、

1日230円を 靴へ投資して身体を支えてもらい、歩くことの苦痛を取り除き、身体の疲労を手放せるわけです。

他には

3Dインソールを一足作成し、毎日使って、一年かけて減価償却したとします。

(ほんとうは、衛生上を考慮すれば、半年くらいで作り替えた方が良いです。

足の裏は 1日あたり  200ccの汗をかきますから )

インソール 15000円 ÷ 365日 =41円。

つまり

1日41円を自分へ投資して、身体の疲労を取り除き、かつ、身体を支えるために欠かせない足底アーチを自動的に作成するわけです。

ちなみに

私の1day集中講座は 50000円ですが

正常二足歩行を行うために、あなたが誰からも教わっていない必要不可欠な情報と技術が7時間の中に凝縮しています。

たとえば

40歳の人が80歳まで生きるとして40年。

365日 × 40年 =14240日

50000円 ÷ 14240日 =3.5円。

生きる上で欠かせない

一生ものの知識を習得する。
40歳のあなたが

あと40年、健康で生きるなら

1日あたり 3.5円。

50000円の講座を「高い」と判断するか?

「超!超!超!超!お買い得!(≧∇≦)」と判断するか?

あなたの選択にかかっています。

ちなみに

井手口雅恵が行う

足の悩みサヨウナラ!
身体の不調に終止符を打つ日。
トータルフットケア・アシタスタイルメソッド1day集中講座

残り一回のみ。

7/16(日) 福岡が 最後です。

お申し込みは → コチラ