お久しぶりです^^

井手口雅恵です。

体調はまぁまぁ。

仕事はそこそこに「私をゴキゲンに」。

一緒に過ごして心地よい人と過ごしています。

私の子じゃないけれど、私の子だよ♪

子どもは、みんなの宝物だからね。

子どもは、今は、小さいけれど、地球の未来を創る人になっていく人。

地球の未来なの。

        

小さい子に触れると、力がみなぎってきます。

言葉を発しない彼らだからこそ、彼らの中から、言葉以外の強いメッセージを感じます。

赤ちゃんは、私のパワースポット❤️
赤ちゃんがいたら、必ず抱っこさせてもらうの♪

私だけでなく、大人たちはみな
赤ちゃんや、小さい子どもから学ぼう。

だってさ

親は、最初から親じゃなくて
子どもを授かることで、その子が親にしてくれるんだもの。

大人は、自分ひとりで大人になって行くんじゃなくて、

ひとりでは食べられないから、おっぱいをもらって、食べ物を口に運んでもらって
少しずつ、身体を大きくしていきます。

何かを見て知り、誰かから教わり、学び

「言葉」を覚え「経験」を重ねる。

大人になるのは、成長のプロセスでの育っていく環境。

発する言葉が少ない彼らは、いつも、「見て」覚える。

そう。

見て覚える。

大人は、子どもに見られているよ。

かなり 【ガン見】されてるよー(笑)

        

大人は、子どもへ言って聞かせるより
行動で見せよう。

大人として、地球に存在する世界を創る責任をそれぞれが担い、責任を果たしていることを、自分の行動で示そう。

子どもは、初めは、真っ白。

私も真っ昼間だった。
あ、じゃないや「真っ白」ね。変換間違えた(笑)

環境によって、さまざまな色に染まっていきます。

その色を選択しているのも、子ども本人。

私たち大人は、そうやって

【自分の色】を自分で【選択】してきた。

     

私は

人様から、

・決断力がある

・実行力がある

・リーダーシップ性

などを高く評価していただくことが多いですが、

なぜ、その能力に長けているかと言えば
子どもの頃、あまり、親に構われなかったからです。

兄弟も多く、大家族の中で、いつも、忙しそうな両親の手を煩わせまいと
しっかり者のお姉ちゃんの立ち振舞いを、自分が選択したからです。

子どもの頃からほとんど、親へ、悩みを相談して来なかった。

子どもながらに、少ない経験の中で判断し、行動することを重ねてきた結果、
決断し、実行することが、得意になった井手口雅恵ヒストリーがあります。

ですから、逆に

・相談する

・話し合う

・ディスカッション

といったコミュニケーションは、未だにかなり苦手なんです。

相談せず、ひとりで決めてきたから。

ひとりで過ごすことが多かったからです。

経験が少ないことは、経験を増やした方が、良いに決まってる。

むしろ、経験を増やすために、

身体を持って、体験し、感じるために

地球遊園地を開園から閉園まで、思う存分に遊びきるために人は生まれてくるのですから

社交的な人様の立ち振舞いを観察し、仲間が多い人のコミュニケーションを学ぶことは、私にとって、斬新で、新鮮で、刺激的で、ドキドキしっぱなしの、楽しい毎日なのです。

     

・得意=経験値が高く成功率が高いこと

・苦手=経験値が低く成功率が低いこと

誰にでも

得意なことがあり

苦手なことがあります。

それこそ、個性。

経験値を増やせば増やしただけ、大人としての地球での立ち振舞いが上手くいく確立が、どんどんアップしていくわけですから

大人が子どもに対して、示すのは

      

・子どもの選択肢を増やすこと

    

同時に、大人もずっと、成長し続けることを止めない。

大人の成長とはつまり
たくさんの人に触れ、知らない世界を知り、知覚を広げること。

子どもに示す行動を、増やすこと。

子どもへ選択させる手段を一つでも多く、大人が身につけること。

子どもへ示す大人の行動こそが
子どもの選択肢を増やすことにつながります。

知ってましたか?

子どもは、選べるんです。

言葉を発しないだけで、見ているし、聞いています。
その中から選択しています。

私たち大人も、そうやって選択した結果が、今の私。

未来を創造し、生き抜く力を身に付けたければ、私たちは、経験値をどれだけ増やせるかにかかっている。

     
子どもへ地球の未来を託すのです。

私たち大人もそうやって、先人から、未来を託された。 

     

大人は、子どもへは出来る限り手を出さず

子どもを信頼し、子どもに選択させる。

大人の判断で答えを用意せず

子どもに考えさせ

たくさんの経験を増やすための場を用意する。

多くの大人は、氾濫する情報の海に溺れ
賢いつもりの、単なる「頭でっかち」になってるから(笑)子どもより判断力が鈍ってます。

子どもは、ウソをつきません。

子どもが政治をやれば、世界は確実に変わるよね。(笑) 

最近の私は

真っ白だったはずの私に気づいて

いろんな色を乗せすぎ

いろんな色を混ぜすぎ

なんだか、もう、何色かわからないくらい汚いぐちゃぐちゃ色になっちゃったんだなぁって気づいて

キレイにさっぱりしたくなって

一回、キレイに洗ったところ。

    

もう一度

真っ白な、自分というキャンバスに

これから

どんな色を乗せ

画を描こうかな?って、ところです。