井手口雅恵です。

いつもブログへご訪問くださりありがとうございます。

本日は、改めて
お知らせをさせていただきたいことがございます。

先般より、ブログでもご報告させていただいております。→こちら

現在、体調不良により、仕事量をぐんと減らしております。

きっかけは、5月初めの「めまい」。
そこから突発性難聴と診断され、現在も、耳鳴りが続いております。

——「耳鳴り」という不調シグナルは
「内なる声を聴きなさい」のメッセージ。—–

私もセラピストの端くれですから、耳鳴りの意味は知っています。

ですが

知っていた「つもり」にすぎませんでした。

 

静養を余儀なくされ、仕事から離れ、
身体を休めていると
ようやく「疲れ」が表面化してきました。

眠っても、眠っても、いくらでも 眠れる。

倒れるまでの私は、早朝から深夜まで
言葉通り「寝食を忘れ」働きづくめでした。

取り組む仕事も、楽しくてね
多くの方から求められますし、喜ばれるからこそ
ますますやりがいを感じていましたし
毎日毎日、朝が来るのが楽しみでした。

きっと、ずーーっと
アドレナリン大放出状態だったのだと思います。

休むことを許した私は
「ああ、休んでいいんだな。」「じゃあ、休むよ。」と

休み始めた肉体を ようやく 感じ始めています。

ここ最近は、全く疲れを感じていませんでしたから。

—–ワーカーホリック—–今に始まったことではなく、幼少期から緊張状態が続いていたのだと力が抜けた今、初めて「身体の力が抜ける」体験をしています。

こんな風に「何もしない自分」は、生涯初めての経験かもしれません。

物心ついた時から、無意識の「使命感」が存在していました。

「母のため」

「兄弟のため」

「友達のため」

「先生のため」

「会社のため」

「パートナーのため」

「お客様のため」

そして、ついには、「日本のため」

「全人類のために」 「地球のために」



おい、おい。。。



ちょっと待て。

 

それで?

結局、私はどうしたいわけ?

私は、ずっと、自分を生きていない。

私は?
私はどこに居るの?

私を探そうと、
何度も、何度も、トライして、
やっと見つけたものさえも、
それは、私が心の底から望むものじゃなかった。



私は、どう したいの?

私は、何に、なりたいの?



私は、私以上にも、私以下にも なれません。

私は私でしかありません。

例えばね、

講座の中でもお話していますが、

「歩くことは、グラウディングですよ。
わざわざ、特別なことをする必要はないんです」。

そんなことも

「歩くことがグラウディングだから!」
「健康のために歩かなきゃ!!」

では、ないんですよね。

どうして歩くの?と聞かれれば

「気持ちいいから」

そのひと言につきるわけです。

~ 歩けば気持ちよくて♪

~ どんどん歩きたくなって♪

~ いっぱい歩きたくなるんだよね~♪

芝生があれば 靴なんか脱いじゃって
裸足になって 走り出したくなる。

海へ行けば 砂浜を裸足で 歩きたくなる。

気持ちいいから、そうしたいの♪

そう。
それが、私が、したいこと。

5/18に、20日ぶりに仕事をしました。

この日のお仕事は、1day講座。

前日は、なかなか寝付けなくて、まるで遠足前の子どもの気持ちでした。

ワクワク、ドキドキ、で、久しぶりのお仕事。
楽しさと、悦びしかありませんでした。

過去に開催してきた講座と、内容は同じ。

なのに
なぜ溢れる喜びの中で講座ができたのか考えてみたら

違ったのは

私が、「伝えようとしなかった」 ことでした。

どんな高い志でも、使命感を持ってしても、
すべては、自分次第。

私の場合、
これまで、アシタスタイル®メソッドの全貌を
1日の講座の中で、どれだけ伝えられるか?にかけていました。
情報量が多ければ、なおさら良いし、
更新されれば、なお良いし、
盛りだくさんで行ってきました。

それが、良いという思い込みからの行動です。

ですが

受け取るのは、すべて、お客様次第。

私が身を削っても、削らなくても、
受け取る側には 関係がないことです。

お伝えしている内容は、言葉としては同じです。

が、
この日の講座、また、今日の言葉も、私の向いている方向が180°変わりました。

本題です。

手放していこうとおもいます。

私が築きあげたものです。
アシタスタイルも、ゼロから 形が 出来上がった。
もともと、初めは、何にも、無かった。

だから、手放したとしても、失うものは、何もないんです。

私は、自分が命がけで築いたものを
人生の時間の大半を割いてきたものを
必死で守ろうとしていました。

けれど
そうじゃないことに気が付きました。

だから、手放していきます。

4月からアシタスタイルアカデミーを始動し、
アシタスタイルの志を継ぐべく、生徒さんは学びを深めています。

彼らへ伝えながら、私自身も
行き方、在り方、を、常に問い続けています。

アシタスタイル®メソッドの根本にあるものは「原理原則」です。

・生き物としての根源。
・肉体が知っている真理。

アタマではなく カラダで 掴む。
それがアシタスタイルアカデミーで行う実践講義。

共に学ぶ彼らは、毎回、
仲間と一緒に、泣き、笑い、喜び、
出来ないことの悔しさや、歯がゆさをも、精一杯、表現します。

そうやって、アシタスタイル®メソッドは、後進へと繋ぎます。
私の意思は彼らへ伝え、彼らを通して、発信してもらおうとおもいます。

私は私で、私の気持ち良いところを探していきます。

(で? 結局どうしたいわけ?)って、自分へ問いながら。

現在確定している井手口雅恵のスケジュールはもちろん、しっかりこなして行きますが
決まっていない未来は、未定です。

気が向けばやりますし、気が向かなければ、やりません。

でもね、実は足のことを伝え始めたころから言い続けてはいました。
アシタスタイルにしてからは特に、お会いする方にはずっと
「私、やりたくないことは、やらなくなりますよ」
「飽きたら、辞めます」ってね。

アシタスタイル®メソッドも完成したことですし
講座も、フォロー講座も、アカデミーも、形が整いました。

欲しかったスニーカーも完成しました。
しかも、そのスニーカーは
たくさん歩けるだけでなく、カッコよくて、履いていて気分も上がる靴。

11才の時に足の痛みを覚え
12才で外反母趾と診断され「一生治ることはない」と医師に告げられ
履ける靴がなく、痛みを取り除く治療法がなく、困り果てて、心底望んだこと。

「足のことを相談できる専門のところがあればいいのに・・・」

その夢は私が自分自身で叶えた。

だから

あとは、もう、ね

ある意味、どうでもいいです(笑)

これからのアシタスタイルの形を示す
「アシタスタイル®メソッドの体系図」が、できあがったので
近くお披露目をしますね。

手放す準備ができたので、私は、次にやりたいことへ向かいます。

ですから
井手口が講師をつとめる公開講座は、今後、どんどん減らします。

「どうしても 井手口雅恵じゃなきゃ ダメ!」な方は
決まっている講座のうちにお越しくださいね。

アカデミーの講師としての在籍はいたします。
「アシタスタイル®メソッドを学びたい、伝えたい。」
そんな志をお持ちの方は、学びにいらしてください。

そろそろ、オフィスでは、2期募集の準備を始めております。

長くなりましたが、ようやく「私」になりました、という
近況報告でした。

他人へ応える生き方は、もう辞めます。

他人と比べる生き方は、もう辞めます。

自分以外の苦悩を背負い込むのは辞めます。

自分をすり減らしてまで
頑なに 守るものなど ない。

自分の身を削ってまで、築き上げるものなど、ない。

私以上に大切なものはないから

私は、私を大切にして

私は、私の、気持ちいいところで、生きます。

私が、私を、誰よりも、愛します。

最後までお読みくださりありがとうございます。

 

**********

≪今後の講座日程≫

お申し込みは下記リンクをクリック!

ステップアップ講座

【千歳】
第1回  7/02㈰10:00-13:00
第2回  7/02㈰16:00-19:00

【福岡】
第1回  7/15㈯10:00-13:00
第2回  7/15㈯16:00-19:00

【神戸】
第1回  7/22㈯10:00-13:00
第2回  7/22㈯16:00-19:00
第3回  7/23㈰10:00-13:00
第4回  7/23㈰16:00-19:00

 

☆2017-2018秋冬モデル新作スニーカー受注会

7/02㈰【千歳】13:45-15:15

7/15㈯【福岡】13:45-15:15

7/22㈯【神戸】13:45-15:15

7/23㈰【神戸】13:45-15:15

 

■1day講座後サロン個別カウンセリングご予約は
⇒  http://ashitastyle.resv.jp/

※1day講座後に3Dインソール作成ご希望の場合は
サロンでの個人カウンセリングが必要です。

 

1day集中講座
6/14㈬【東京】満席→増席 (残席2)
7/01㈯【千歳】
7/16㈰【福岡】

– – – – – – – – – –

フットチェックやご試着はお気軽にサロンへ♪
足の変化を確認
フットチェック のご予約はお電話下さい。 03-6457-4507

※フットチェックは20分/価格¥3,000

定番スニーカーの試着・ご注文
お電話でお問い合わせください。03-6457-4507

– – – – – – – – – –

サロン継続ケアのご予約
※7月分ご予約開始しました。