井手口雅恵です。

サロンへお立ち寄りくださったゆみこさん。

ゆみこさんに「雅恵さん大好き」と言われ、嬉しそうに笑う私。

   

 
今日は、私と、私の理想とのギャップの話です。

  
今の私と
壮大なビジョンとのギャップ。

経験が少なく、無知で、小さな私と

地球規模の革命を起こすべく高い志と目的とのギャップ。

  
私と私の理想との間には

とてつもなく大きな大きなギャップが存在します。

    
目的を果たすため
ギャップを埋めるべく

歩みは遅くとも

一歩ずつ
一歩ずつ

進んでいくわけですが

進みたくても進めない場面もありますし

もちろん
後退することもあります。

   

あまりにも大きなギャップですから

一歩ずつの歩みは
やはりもどかしく

つい「速く!」「急いで!」になっちゃう。

ギャップを少しでも速く
埋めようとするあまり

うまい話に乗ったりすると
必ず「ツケ」が回ってきます。

      

人生に

ショートカットは

ありません。

    

   

昔の人は言いました。

   

   

『急がば回れ』。

   

   

地道に、確実に。

一歩ずつ、一歩ずつ。

     

   

なかなか思い通りに進まず

イライラしたり

向かい風に
立ち向かいながら

なかなか前に進めない。

逆風を歩いているような感覚の時って
急ぎすぎているときです。(経験上)

私はこれまでの過去、ずっと

「速いことこそが良いことだ」

そんな思い込みがありました。

私の人生のスピードは
ぐんぐん加速していきました。

速すぎたら、事故ります。

誰も止められません。

判断力が追い付きません。

そんな危険な歩みは、もう止めようと思います。

事故るのは、もうイヤです。

判断力が鈍り、正気を失い、自分からどんどんかけ離れていく。

思ってもいないことを口走り、人を傷付け、自分をズタズタにする。

私が私じゃなくなっていく。

イヤです。

いばらの道は、もうイヤ。

前方から強風を感じる場面は

向いている方角が
「そっちじゃないよ」と
お知らせをしてくれている時。

風当たりが強いときは
くるりと逆へ
向き返ってみてください。

さっきまでの逆風は
とたんに追い風に変わるから。

その道を通らなきゃ行けないなんて
誰が決めた?

人生の道は
どこを通ってもOK!

追い風を受ければ
スイスイと歩みが進む。

上手く風に乗り

背中を押してもらえれば

歩みは、ぐんと、軽やかになります。

地道に、確実に。

一歩ずつ、一歩ずつ。

自分の歩みを感じながら

共に歩む仲間たちと

変わりゆく景色を眺めながら

明るい未来へ向かい

楽しく、笑顔で

悪天候なら無理に進まず

体調が優れなければ、休息をとり

みんなで一緒に
頂上を目指そうと思います。

アシタスタイル®アカデミー第1期生のみんな。