Q.

通勤時に、荷物がある場合、リュックの時とショルダーバッグの時に気を付けることはありますか?
A.

リュックはできる限り、高い位置で(重心を高くするため)背中にフィットさせるようにすると、軽く感じます。

登山時のバックパックをイメージをすると解りやすいかと存じます。

手は、前方のベルトに添え、腕が後ろへ退けるように、肩胛骨を寄せる形のポジションに置き、自然に歩けると良いです。

      

ショルダーバッグは、できる限り避けてください。

二足で立つことですでに、歪みは生じます。

片方に掛けることは、歪みを助長させます。

アシタスタイル®メソッドで

「手ぶらでの歩行」を推奨するのは

使い方のクセとして残る筋肉の緊張を

歩いてほぐすためです。
足づくりによって

骨を立てて歩けば

身体の緊張を抜くことが出来るため

日常歩行で身体をほぐすことが叶います。
足が正常に着地すれば

正常歩行は

究極の【自己整体】となるからです。