今日のタイトルは

初めてお会いした方から唐突に質問されたこと。

「井手口さんですよね?いつもfacebookで見てます!!オススメの靴屋さんを教えてくださいませんか?」

ビックリしました。

言葉を失いました。
初めましての方は、直接対面の場面に限らず、facebookでもしばしばこのようなメッセージを送って来られます。

「オススメの靴屋さんを教えてください」

 

 

そうですか。

そうですよね。

皆さん、靴に困っていらっしゃる。

それが日本の現状で、間違った習慣、文化ですからね…。

 

 

初めに質問に対するお答えを申し上げるなら

「教えて差し上げることはできません。」

もっと申し上げるなら

「こんな短時間では無理です。」

 

 

何故ならば

あなたの足を、拝見していないから。

       

靴屋さんを知りたいと仰るあなたの足を、私は知りません。

 

あなたの足の情報が全く手元にないのに、教えることは不可能です。

 

加えて自覚をしていただきたいのは

あなたが想像している以上に、あなたはあなたの足を知らないし、靴を知らない。

私が教えて差し上げてもその靴屋さんの良さを理解するに至らない。

 

 

このような質問を投げ掛けて来る方は、大抵、私の講座へはいらっしゃらないんです。

講座へお越しにならない理由は明白で

望む結果だけを、早く、欲しい。

からです。

 

      

私がオススメの靴屋さん情報を発信しない理由はたくさんあります。

 

・足を見ていないのに、合う靴を教えられる訳がないこと。

・「足は変わる」こと。

・良い足になると、合った靴が合わなくなり、合わなかった靴が合うようになること。

・変化しやすい足の状況を判断できるのは、ご自身だけであること。


  

      

仮に、私がオススメの靴屋さん情報を発信しているとします。

イメージをしてみてください。

 

その靴屋さんへ行き、アドバイスをもらい足に合った靴に出会ったとします。

靴選びに困りませんよね?

靴選びの大変さから、一時的に逃れることができる。

 

しばらくして

 

そのお気に入りの靴が、製造中止になり、靴屋さんへ行っても手に入らなくなったらどうしますか?

 

アドバイスをくれていたシューフィッターさんが、その靴屋さんを辞めたらどうしますか?

 

そのお気に入りの靴屋さんへ買いに行けない距離へご自身が転居した場合はどうしますか?

 

その靴屋さんが廃業したらどうしますか?

 
オススメの靴屋さん情報を発信していた私がいなくなったらどうしますか?

 

ほんとうに困るのは、あなた自身です。

 

 

私が発信していることは、本質です。

 

その場しのぎの対処ではない

根本的に解決する方法。

 

他人に頼らなくても自分でなんとかする。

あなたがあなた自身で解決できる方法を身につけていただくためにやっています。

 

そうじゃなきゃ

「雅恵さんが居なくなったら困る」

では、私が困るからです。

 

「井手口先生の講座を子どもたちに向けてやってもらえませんか?うちの子、私の言うことなんて、聞かなくて…。先生の言うことなら聞くと思うんです。」

 

このような依頼もお断りします。

 

あなたが最も守るべきあなたのお子さんを

あなたが他人任せにして、どうします?

 

あなたが選択し

子どもを産んだ。

 

あなたが選択し、子育てをしているんです。
子どもを産み、育てていく人生を選んだ責任を、キッチリ果たしてくださいね。

 

他人の私に指導させるではなく

親であるあなたが知り、子へ伝えてください。

あなたの生き方を、背中で見せてください。
私は、いつか、必ず、死にます。

あなたも、そう。
私が居なくなっても、

私に相談しなくても

あなたが自分で靴を選べるようにすることが、私の生業です。

 

発信している私には、責任がある。

 

これ以上、靴選びに迷わないように。

靴選びに無駄な時間とお金を投じなくて済むように。

 

あなたの貴重な人生の時間は

あなたの自由に使っていただきたいのです。

 

靴選びに困っているのは

私たち自身の【知らない責任】であることに

気がついていただきたいのです。

       

   

最後にもうひとつ、お伝えしたいこと。

「オススメの靴屋さんを教えてください!」の私への質問はね

あなたが食事へレストランへ入って

「このデザート美味しそう!私へ無料で食べさせてください」と同じ言葉であることを自覚なさった方がよろしいですよ。

目に見えない【情報】を商材として取り扱う場合は、よく起こりがちです。

私も、気をつけております。

 

 

あなたが思っている以上に

あなたは足元の情報を知らないです。

 

靴はそんなに単純じゃないですし

足は、とても複雑で変わりやすい。

真実を知れば

「オススメの靴屋さんを教えてください!」とは、言えなくなりますし

お気に入りの靴屋さんへ出会えても、それがゴールではないことがお分かりいただけます。

そしてきっとあなたは、今まで無知であったことを、悔やみます。

「アシタスタイルの存在を知りつつ、自分は、なぜ、もっと早く学ばなかったのだろう」と。

 

どなたも、1日も早く、正しい情報を得られることを願って止みません。

 

「教えてくれないんだ、ケチ!」って言われても、教えません。

教えることは、あなたの為にならないし

教えた先の情報が変わっても、私が責任を負えないからです。

アシタスタイル®メソッドへ触れてくださった方は、このように私が常々申し上げる意味を

ご理解戴けていると信じております。

 

当たり前を、当たり前に。

自分のことは、自分で。

 

そんな世界を創りたく活動をしております。

 

1day集中講座では、6時間を費やしお伝えしていますが、それでも、足と靴を知るための、ほんの入口に立ったに過ぎず

知ったとしても、人は直ぐに忘れる。

だからこそ、継続して学ぶ必要があるから、サロンでの個別カウンセリングを行い、その後のフォローをしています。

 

おさらい講座を行うのにも復習の必要性と、変化する足と取り巻く環境の擦り合わせが理由ですし

発信している私でさえも、日々の足の変化を目の当たりにしています。

変わる足に対し

対応できる知識があるから

靴文化発展途上国日本でも、靴選びに迷わないですし、健康が保てている。

不健康を通して我が身で痛感したからこそ、必要だと感じ、学校を創ったのです。

 

「オススメの靴屋さんを教えてください!」

そうやって、私や他人へ訊ねることなく

目の前の靴に足を入れたとき

「合う」「合わない」が

あなたご自身の足で判断できるように。