電車の中で化粧をする行為についての考察

電車などを利用していて

いつも思うことがあるのですが
言っても良いでしょうか?

 

井手口です!

着物でキレイにメイクして撮影して頂きました。

大好きなものに囲まれると、ニヤニヤが止まりません♪

 

着物の記事は別でまた書きますねー

 

今日は、タイトル行為について私が感じることについてを書きます。

 

ときどき?

あ、いや

 

まぁまぁ?な割合?

 

というか、電車に乗るとしょっちゅう見かける 「化粧する女」についてのお話です

        

 

あの姿を見かけたときに、私、

自分自身がどうにもこうにも

居たたまれない気持ちになるんです。

 

不快感を覚える人も多いと思うんです。

けれど、

(あの不快感の正体は一体なんだろう??)と

不快感の正体がわからず、ずーーーっとモヤモヤしていて気持ちが悪かったのですが

やっと

やっと

不快感の正体が、わかりました。

 

仮に、私が、彼女たちと同じ行動を取ったとしたら?と考えてみたんです。

自分が公衆の面前で化粧を施している姿をみられた時、どんな気持ちになるだろう?と。

 

例えば

外出先のトイレで、鍵をかけ忘れたトイレの扉を不意に開けられ

自分が用を足している姿を
知らない他人に見られたときに似ている。

 

そんな居たたまれない気持ちになる。

 

例えば

誰も居ないからいいや~!って

お風呂からあがり、裸のまま台所で水を飲んでいたら

帰宅予定時刻よりも早めに帰宅した旦那様に、見られるような。

あんな感じにも、似ている。

 

気持ちを例に挙げると、そんな感じなんです。

 

つまり

 

誰からも見られていないだろうと

たかをくくり

一人っきりの場で

安心しきって

緊張感なく

だらしなく

素のまんまの自分を露呈してるところを

ふいに見られる。

      

 

   

そんなの恥ずかしすぎます…

 

私が感じていたモヤモヤは、自分がゼッタイ見られたくないと思っている姿を見られる恥ずかしさなんです。

 

私にとってお化粧は【身だしなみ】です。

自宅とか、外出先ならその名の通り「化粧室」の中で行うものです。

 

女性の友人の前であっても、コンパクトミラーを開いたり、口紅を引いたりは、あまり見せたことがありません。

 

(というか、そもそもそれ以前に、直さなくてはならないほどのしっかりメイクもしていない。最近はファンデーションも塗らないほどです。)

 

化粧って、自分の顔を作り込んでいく作業なわけですよ(笑)

本当の、素の自分を、変えていく作業なんです。

つまり

嘘を重ねていく作業なんです。

     

そんなところを

人様に見られるなんて!!

こっ恥ずかしすぎますから!!

 

ましてや電車の中でなど、その化粧を施していく姿があまりにも必死すぎる形相で

座席に腰を掛けている人ならまだしも(あ、いや、ダメだけど)

立ったまま行う人などに至っては、電車の揺れに負けじと、仁王立ちで踏ん張り

額を吊り上げ、目玉をひんむき、マスカラなんか塗ってる顔は…

 

恐ろしいほど恥ずかしくて目も当てられない姿です…( ;∀;)コワイ…

 

口が ポカーンと 開いたままですから、ひどいもんです。

 

 

女性がお化粧を施すのは、顔を美しく見せたいからですよね?

 

人様が自分を見たとき、相手が自分によって不快感を抱かず

「より好意的に見てくださるように」の手段のひとつですよね?

 

ハードなメイクを施すときには

いつも以上にキメたくて、自分の美を、より強く、アーティスティックに表現したいときですよね?

 

ですから、

文明社会に生きる人として

公衆の面前で

人様の前でメイクを施す行為が

他人にとっては

見たくないものを

無理やり見せられている

不快感を与える行為

であることを、認識した方がいいんじゃないかと思うんです。

 

そう。

多くの人が、ウンコしている姿を他人に見られたくないように

他人のウンコしている姿を見たくない。

 

それと同じ理由。

 

自分を美しくするためのはずのお化粧が

電車の中でメイクをするという美しくない行為によって、電車の中で出来上がった美は

結果、美を表現するものではなく、美しい生き方ではないと思える。

 

これを

本末転倒というのではないですか?

 

本来の目的が変わってしまって、強烈な違和感を抱くことがたくさんあり

(私自身の日々の行為も然りですから自戒も込めつつ)

言葉や行動の目的を明確にすることは大切で、いつも忘れちゃならないなと思います。

 

 

最後に、

他国では、人前で行う化粧は【娼婦】だと認識されることも、知っておいた方が良いと感じています。

 

と、移動する電車の中で書きながらまた、目の前で化粧する女が…(笑)

 

お願い!!!

私が居たたまれないから止めて!!
ウンコは【個室】でお願いします。

他の人に見られないところで隠れておこないましょうね。

 

新宿御苑前駅 徒歩1分「足の悩みサヨウナラ」どこに行っても、何をやってもダメと諦めていた、足の悩みを解決します。きっと「出会えて良かった」と思える、新しい美容・健康法。明日をstyleする最先端のトータルフットケア

2017/02/19|